リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ダウンジャケットをクリーニングに出す場合の価格はどのくらい?注意点も含めて解説。

本格的な冬の到来前に準備しておきたいのが、ダウンジャケット。家族それぞれがダウンジャケットを持っており、大切に着たいと考えているご家庭が多いかもしれません。しかし、春が近づくにつれ頭を悩ますのがダウンジャケットの保管問題ではないでしょうか。

  • 家庭でどうお手入れすればよいのか
  • クリーニングに出すメリットは何か
  • クリーニング費用にどれぐらいかかるのか

このようなことが気になりつつも、例年のようにクリーニングに出しているという方が多数いらっしゃいます。また、ひと冬の汚れを落としたあと「どのように保管しておくべきか」なども大きな問題になっているでしょう。この記事では、ダウンジャケットに関するさまざまな疑問にお答えしています。大切なダウンジャケットを適切な方法で保管し、次のシーズンに備えておきましょう。

そもそもダウンジャケットのお手入れはクリーニングだけ?

 

 

 

 

 

ダウンジャケットといえば、無条件でクリーニングに出すものとお考えの方が多いのではないでしょうか。しかし、実はダウンジャケットはご家庭で洗うこともできます。この際に大切になるのが「洗えるダウンジャケットなのか」「洗えないダウンジャケットなのか」を最初にしっかり見極めることです。

洗濯表示の確認

まずは、洗濯表示に注目してください。洗濯表示に「洗濯機マーク」「手洗いマーク」がある場合は、ご家庭で洗濯できます。ただし、「手洗い不可マーク」がある場合は、クリーニングに出す以外に選択肢はありません。ご家庭での洗濯に比べるとコストがかかりますが、クリーニングに出されることをおすすめします。

素材の確認

次に、表地の素材を確認しましょう。ご家庭での洗濯で縮む可能性が高いウール、レザーのダウンジャケットなどは、洗濯のプロにお任せください。そもそも、レザー製品などは、水洗い不可になっていることがほとんどです。ケアラベルには、水洗いできるかどうかが示されています。このラベルに「水洗い不可」とある場合は、ご家庭での洗濯はあきらめてください。

この原則に逆らって洗濯してしまうと、ジャケットの風合いが損なわれたり傷んでしまったりします。ダウンジャケットを長持ちさせたいなら、無理はせず信頼できるクリーニング店にお任せください。一方でケアラベルに「水洗い可能」とある場合は、ネットを使用し、洗濯機の手洗いコースもしくは手洗いで中性洗剤を使って洗濯するのがポイントです。

洗濯時の注意点

しかし、いくら洗濯可能だとはいっても、普段の洗濯ものと同じように洗濯してよいわけではありません。慎重に洗わなければ、ダウンのボリュームがなくなってしまったり、形が崩れてしまったりします。洗う前にはジャケットの形を整え、ファスナーや前ボタンなどをしっかり閉めて折りたたむようにしましょう。

中性洗剤・専用洗剤などをおすすめするのは、風合い・型崩れのリスクを軽減するためです。大き目の洗濯おけや洗面台に30度ぐらいのお湯を張り、その量に即した洗剤を入れて、そっと押し洗いを行いましょう。ジャケット全体に染み込むようにそっと押し続ければ、内部に洗剤液が循環します。

ここで洗いすぎないというのもポイントで、2~3回押さえれば十分です。水を変えながら、洗剤液を洗い落します。泡が立たなくなり、水のにごりが消えるまでを目安にしましょう。水を切る際は、タオルで水分を吸い取ります。決して絞らず、タオルなどで挟みながら丁寧に水気を取りましょう。

ある程度水分が取れたら、形を整えたうえで陰干しして、中までしっかり乾かします。洗濯機を用いる場合は、洗濯ネットに入れて手洗いコースを利用するのがおすすめ。最初に作った洗剤液の中に数回押し入れ、水の中に沈めるとジャケットが浮かずにすみます。ここからは洗濯機にお任せ。脱水は1分以内にとどめましょう。

手洗いする場合でも洗濯機で洗う場合でも、型崩れさせないためのポイントは、干すときにダウンの偏りをなくすこと。偏ったままだと、一部が薄くなったりそのまま固まってしまったりします。ダウンをほぐしつつ、偏りをなくして形を整えていきましょう。

ダウンジャケットをクリーニングに出すメリット

 

 

 

 

 

では、ダウンジャケットを家庭で洗濯せずに、クリーニング店に出す場合はどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:最適な洗濯方法を選んでくれる

まずダウンジャケットの素材、生地加工、汚れの状態などを総合的に判断し、ケアラベルに即した洗い方ができることです。ダウンジャケットに限らず、すべての製品を洗う際、幾通りもの洗濯方法の中から最適な方法を選び出して洗濯するのがプロの仕事です。これによって、洋服を長く着用していただけます。

メリット2:汚れをしっかり落とせる

素材や生地を傷めずダウンジャケットについた汚れをしっかり落とせることも、クリーニングを活用いただくメリットの一つです。汚れをきちんと落としてしまえば、次のシーズンでカビや臭いなどに悩まされる心配もありません。

メリット3:ダウンのボリュームが戻る

また、洗われてボリュームを失ってしまったダウンを、もとのフワフワの状態にできることもクリーニングに出すメリットです。ダウンが偏ってしまったり、かたい状態のまま乾くのを防いだりするなど、ダウンジャケット本来のフワフワな状態を維持できます。

このふくらみが、ダウンジャケットの保湿性を保つうえで非常に重要です。しかし、洗濯後に復元するには高度な技術と知識、手間がかかります。家庭で洗濯したあとに本来のふくらみを取り戻そうとすれば、相当な手間がかかるでしょう。最後に、クリーニングに出すことで、ダウンジャケットを洗濯する手間や時間を省けることもメリットです。

上記で説明した通り、ダウンジャケットを洗うには、それなりの手間をかけなければいけません。また、陰干しして完全に乾燥させるのにも時間がかかるでしょう。冬から春にかけての不安定な天候のもと、カビなどの心配がないよう乾かすのはかなり大変です。

クリーニングをご利用いただき、再度取りに足を運ぶことはお手間に感じるかもしれません。しかし、「生地を傷めないよう丁寧に洗う」「型崩れしないよう慎重に干す」といった手間をかけず、ダウンジャケット本来の姿を維持できるのが、クリーニングを利用いただくメリットと言えるでしょう。

ダウンジャケットをクリーニングに出すときの価格・日数・注意点は?

 

 

 

 

 

 

クリーニングにかかる費用

ダウンジャケットをクリーニングに出した際の価格はクリーニングの有名チェーン店の中でもまちまちです。例えば、通常のダウンジャケットの場合、2,000~3,000円程度の設定です。ただし、ブランドものなど高級品オプションがついた場合は5,000円前後を目安にしておきましょう。ダウンジャケットに何らかの付属品やファーなどがついている場合は、別途2,000円程度が必要になると考えておくといいかもしれません。

一方で、宅配クリーニングの場合は、ダウンジャケット1点で5,000~10,000円程度のお店や、5点合わせて10,000~12,000円ほどの価格設定の店などさまざまです。家族分のダウンジャケットをクリーニングに出そうと思えばコストパフォーマンスがよく、お得に感じられるでしょう。

クリーニングにかかる日数

店舗にクリーニングを依頼した場合にかかる日数は、平均して1週間程度です。5営業日を見ておけばよいですが、これだけ時間がかかるのは、乾かすのにある程度の時間がかかるからです。ダウンジャケットに偏りやダマができないように自然乾燥で乾かすため、時間をかけなければなりません。

宅配クリーニングの場合は、申し込んでから集荷されるまでに3日程度、そこからさらに10日程度を見込んでおく必要があることです。しかし、シーズン中に1回クリーニングをすればよい場合は、クリーニング後に使うことはないでしょうから、ここである程度時間がかかったとしても問題ありません。

クリーニングに出す際の注意点

ダウンジャケットをクリーニングに出す際に気をつけていただきたいのは、破れやほつれなどです。ダウンはキルティングすることで羽毛が分散され全体を暖かく保ちます。通常この部分は羽毛が飛び出さないようにしっかりと処理してあります。破れやほつれがあるとそこから羽毛が飛び出し、ダウンジャケットのふんわり感を維持することができなくなります。注意しておきましょう。

ダウンジャケットを保管してくれるサービスがある

 

 

 

 

 

 

 

 

そのシーズンにしか使わない衣類を保管することはかなり大変ですね。冬物の場合は、特にかさばります。ダウンジャケットなどは、その代表格といってもいいでしょう。

シーズン以外の衣服の収納に困っている方にとってありがたいのが、宅配クリーニングの保管サービスです。これは、クリーニング後の衣服を次のシーズンになるまで大切に保管してくれるサービスです。かさばる冬物のアウターを預ければクローゼットがすっきりするだけでなく、大切な衣服に適した環境で預かってもらえます。カビが生えたり変な臭いがしたりといった心配もありません。

宅配クリーニング「リコーべ」は、保管コースが設定されておりクリーニング後の衣服を最大12ヶ月間保管いただくことができます。保管後の宅配日なども自由に設定できるので、衣替えの時期までクローゼット代わりに利用できるのがとても便利です。クリーニングに依頼する際は、5点パック、10点パック、15点パックのいずれかをお選びいただけます。

ダウンジャケットなどは1枚1点でカウントしてください。また、染み抜きやほつれ直し、毛玉取り、ボタンゆるみ直しなどのサービスを無料で受けられるのも、リコーべの強みです。ダウンジャケットの汚れや状態に合わせて、「汗抜き抗菌加工」「消臭加工」「汚れ防止・撥水加工」「最上級ロイヤルコース」などのオプションをお選びください。

まとめ

1シーズン着たダウンジャケットの汚れを落とし、次のシーズンまで大切に保管することは、かなり手間暇がかかります。ご家庭でももちろん洗濯できますが、生地の風合いやふんわりしたダウンジャケットならではの感触を維持するのはなかなか難しいでしょう。クリーニングをご利用いただければ、プロの経験と知識を存分に活かして洗濯いたしますので、安心です。

ここで気になるのが価格かもしれません。家族分のダウンジャケットを出すとかなりの金額になることがあります。しかし、リコーベの保管コースでは5点、10点、15点とお預かりする衣類の数で価格が設定されていますので、家族分をまとめてお預けいただくことができます。また、次のシーズンまで長期間保管もできるため、安心してお預けいただけます。「リコーべ」の保管コースを上手にご活用いただき、大切なダウンジャケットを保管してくださいね。

上部へ戻る