リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ジーンズはクリーニング利用で色落ちを防げる!種類別の料金や頻度の目安

「ジーンズは洗わなくていい」といわれることもありますが、頻繁に着るものを洗わないままにしておくのはおすすめできません。

型崩れや色移りを防いで洗うためにはどうすればいいのか、ジーンズのお手入れ方法をご説明します。

 

宅配クリーニング「リコーべ」ネットでクリーニングを簡単注文

宅配クリーニング「リコーべ」ではインターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービスです。パック料金だから全品ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングがだせます!

全品ブランド衣類・ダウンジャケット
でも追加料金なし!
今なら会員特典でさらにお得に!

詳しくはこちら

 

ジーンズはクリーニングがおすすめの理由

ジーンズクリーニング

ジーンズを洗う時は、自宅で洗濯をするよりもクリーニングに出すのがおすすめです。

ジーンズは普段着ですし、繊細なイメージのある生地でもありませんから、そのまま洗濯機で回してしまうという人もいるでしょう。

しかし、自宅でのジーンズの洗濯にはさまざまなリスクがあります。

クリーニングを利用することで、リスクを回避するとともに、よりすっきりときれいに洗い上げることができます。

 

  • 色落ちや色移りの心配がない
  • 染み抜きしてもらえる
  • 型崩れや縮みが少ない

 

色落ちや色移りの心配がない

ジーンズを洗濯する際は、型崩れや縮みが気になりますが、クリーニングならジーンズ1本ごとに合った方法で対応するので、型崩れや縮みが少なくて済むのでおすすめです。

宅配クリーニングの「リコーベ」でも、ジーンズのクリーニングを取り扱っています。

利用の際は、スマホやパソコンからインターネットで注文すると集荷バッグが届くので、ジーンズなどの衣類を入れて、希望の日時に自宅に集荷に来た宅配業者に渡すだけです。

クリーニングを終えた衣類のお届けも、注文時に指定した日時に宅配業者が行います。

リコーベでは、「衣類5点コース」からあるので、ジーンズなどの衣類を5点まとめて手軽にクリーニングに出せます。

衣類5点コースはこちらから

 

染み抜きしてもらえる

ジーンズに汚れがついた場合、安易に自宅で染み抜きをしようとしてはいけません。

最悪の場合、ジーンズ自体の色が落ちて、白抜きしたようになってしまうこともあります。

水洗いだけでは落ちないジーンズの染みを落とすためには、生地に適した染み抜きを行わなければいけないのです。

クリーニングなら、ジーンズそのものの色を損なわずに、染みだけを落とすことができます。

調味料のしつこい汚れや黄ばみなど、自宅では落とせない汚れも、プロのクリーニング職人なら落とせる場合がありますから、相談してみましょう。

なお、ジーンズの染み抜きは通常のクリーニング料金で対応してもらえる場合と、別途料金がかかる場合があります。

一般的な染みであれば通常料金のみで対応してもらえる場合が多いものの、染み抜き専門のクリーニング店など、専門性の高い業者に依頼する場合は、シミの度合いに応じて2,000~7,000円程度かかることもあります。

通常料金内で対応してくれるクリーニング店と、別料金がかかるクリーニング店は、「どちらの方が優れている」と比較するものではありません。

普段の洗濯は通常クリーニング、食べ物の染みなどができてしまった場合や、黄ばみなどが出てしまった場合は専門のクリーニング店と、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

 

型崩れや縮みが少ない

ジーンズを自宅の洗濯機で洗った場合、シルエットを保ったまま洗い上げるのは非常に困難です。

一方、クリーニングでは、洗濯による型崩れや縮みを最小限に抑えて洗うため、シルエットが崩れる心配がありません。

きれいな状態を保つために洗濯をするのに、洗濯によって形が悪くなってしまっては、本末転倒です。

ジーンズを思わぬ形でダメにしてしまわないためにも、自宅での洗濯ではなくクリーニングを利用しましょう。

 

コース料金

お急ぎの方は最短5日でお届け!
全品ダウンジャケットでもOK!

詳しくはこちら

 

ジーンズのクリーニング料金

ジーンズのクリーニング料金

ジーンズのクリーニング料金について、デニムパンツ、デニムジャケット、ダメージジーンズと、種類別に相場をご紹介します。

ただし、ここでご紹介するのはあくまでも通常料金の場合です。

高級ジーンズや、装飾がついたジーンズの場合は、通常料金とは別の値段設定になっていることもありますから、不安な場合は事前にクリーニング店に確認しておきましょう。

 

デニムパンツ

ごく一般的なデニムパンツは、500~1,000円程度でクリーニングすることができます。

デニムパンツの料金を設定していないクリーニング店もありますが、おおよそ通常のズボンのクリーニング価格と変わらないと考えていいでしょう。

ただし、過剰な装飾がついているものや、特にデザイン性が高いもの、ブランドのものなどは、これよりも高い価格設定になることもあります。

デニムパンツをクリーニングに出した際の仕上がり日数は、それぞれのクリーニング店によって異なりますが、特殊な処理が必要でなければ、2日~1週間程度で仕上がる場合が多いでしょう。

 

デニムジャケット

デニムジャケットのクリーニング価格は、600~800円程度が目安です。

デニムに限らず、ジャンパー全般としての価格設定と同等の場合が多いでしょう。

ただし、デニムジャケットの中には、ビンテージ素材のものや、一部に革を使っているものがあります。

このようなデニムジャケットは、通常のクリーニングでは対応できず、プラス料金がかかることがあります。

自分が持っているデニムジャケットのクリーニング価格が知りたい方は、実際にクリーニング店に持ち込んで金額を確認するのが一番確実です。

デニムジャケットをクリーニングに出したときの仕上がり日数の目安も、デニムパンツと同様に2日~1週間程度です。

一般的なクリーニングにかかる日数と同じだと思っておきましょう。

 

ダメージジーンズ

リコーベならジーンズの種類を問わず、原則として均一のパック料金でクリーニングを行います。

スパンコールやビーズなどの装飾がついたジーンズや、ダメージジーンズのクリーニングにも対応しており、追加料金は発生しません。

衣替えの季節にジーンズなど多くの衣類をまとめてクリーニングに出したいときは「衣類10点コース」がおすすめです。

「衣類10点コース」なら「5点コース」よりも1点あたりのクリーニング料金がさらに割安になります。

衣類10点コースはこちらから

 

ジーンズ専門のクリーニングサービスを選ぼう

ジーンズ専門のクリーニングサービスを選ぼう

ジーンズをクリーニングに出すときは、ジーンズの扱いが得意なクリーニング店を選ぶのがおすすめです。

ジーンズの扱いに慣れていないクリーニング店に依頼してしまうと、せっかくのメリットを十分に感じきれない可能性があるからです。

ジーンズに慣れているかどうかは、公式サイトや価格表などにジーンズの記載や専門のコースが設けられているか見て判断することができます。

 

高級ジーンズにも対応

大切な高級ジーンズのクリーニングは、信頼できるノウハウを持った専門店に依頼する方法が一番確実です。

ジーンズ用のクリーニングコースが設けられているクリーニング店や、ジーンズに強いクリーニング店では、ビンテージものなどの高級ジーンズにも対応できる場合が多くあります。

また、ジーンズ特有の性質にも詳しいため安心して任せられます。

たとえば、ジーンズのなかには、タグが本革製のものも珍しくありません。

このようなジーンズは、ドライクリーニングできない場合があります。

もちろん、ジーンズに特別詳しくなくても、クリーニング店であれば素材を確認したうえで対応してくれます。

しかし、安心して任せるためには、やはり専門性の高い店に頼むのがおすすめです。

それと同時に、タグが本革だとわかっているときは、念のため預ける際に本革であることと、ドライクリーニングができるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

 

専用の加工で仕上がりがキレイ

ジーンズ専門のクリーニングサービスでは、専用の加工を行うので仕上がりがキレイです。リコーベは会員登録をするとお得な特典を利用することができます。

職人の情熱「0円」サービスは会員特典のひとつで、無料で提供しています。

一般的には有料になることが多い「シミ抜き」や「ほつれ直し」「ボタンゆるみ直し」「毛玉取り」といったサービスも無料です。

職人技で1点1点丁寧にクリーニングし、キレイな状態でお戻ししています。万が一気になる点がある場合には、無料で「再仕上げ」を行っているので安心です。

特典はこちらから

 

ジーンズをクリーニングに出す頻度

ジーンズをクリーニング頻度

ジーンズを愛用している人のなかには、買ってから今まで一度も洗ったことがないという人もいるでしょう。

実際にジーンズは繰り返し洗濯したり、クリーニングに出したりすることで、独特の風合いが失われてしまいます。

ジーンズをクリーニングに出すおすすめの頻度は、ジーンズの履き方や着ている人の環境によっても違います。

しかし、目安としては、夏は月に2回程度、それ以外の季節は月に1回程度を推奨します。

もちろん、ジーンズを月に1度しか履かないのであれば、頻繁にクリーニングをする必要はないでしょう。

また、食べこぼしなどの染みができてしまったときは、これよりも短い頻度でクリーニングに出した方がよい場合もあります。

とはいえ、汗や汚れを放置すると生地が傷んできてしまうというのは間違いないため、汚れが気になったときやしばしばらく洗っていないと思ったときは、クリーニングに出すようにしてください。

ジーンズのカビにも対応してもらえる?

ジーンズカビ

カビの生えてしまったジーンズを含め、リコーベでジーンズをクリーニングに出す際には「家庭用洗濯コース」を利用する方法があります。

「家庭用洗濯コース」は、ジーンズやチノパンのほか、Tシャツやパジャマ、タオル、玄関マット、トイレマットといった、家庭での洗濯が一般的な衣類などのためのコースです。

洗濯して乾燥した後、たたんだ状態でのお戻しとなるため、ジーンズの場合はアイロン掛けが不要な場合におすすめと言えます。

家庭用洗濯コースはこちらから

 

白デニムもクリーニングで綺麗になる?

白デニムクリーニング

白白デニムやカビの生えたジーンズのクリーニングは、クリーニングが可能か、どの程度汚れやカビが落ちるか、クリーニングに出す前に確認しておくとトラブルを防げます。

宅配クリーニングの場合は、問い合わせができるのか疑問を抱かれるかもしれませんが、リコーベではメールや電話による「お問い合わせ」窓口を設けています。

リコーベでジーンズをクリーニングに出すときに疑問に思うことがあったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベではシミ抜き、毛玉取り、ボタンゆるみ直し、再仕上げ、送料無料、長期保管無料、付属品無料を0円で対応しています。それぞれの専門家が担当しており、お洋服が新品のように蘇らせます!

詳しくはこちら

 

まとめ

デニムパンツやダメージジーンズ、デニムジャケット、ホワイトデニムなどのデニム製品は、お洒落の定番アイテムです。

ラフに着られるところもジーンズの魅力のひとつですが、お手入れをしなくてもきれいな状態をキープできるわけではありません。

クリーニングなどのお手入れを定期的に行うことが、ジーンズを長持ちさせる秘訣です。

リコーベには、クリーニングのプロの職人が揃っていますから、ダメージジーンズや繊細な飾りのついたジーンズも、安心してお任せいただけます。

飾りがついていることによる追加料金などもかかりませんから、ジーンズの汚れが気になったら、ぜひクリーニングをご依頼ください。

上部へ戻る