リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

洗濯物の色移りの落とし方|時間が経った色移りはクリーニング店へ!

洗濯物の色移りは、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。色移りは、洗濯時に衣服の染料が溶けて、他の衣服に付着することで起こります。色移りを放置すると、染料が定着してしまい、完全に落とすのが難しくなることがあります。そこで今回は、洗濯物の色移りの落とし方や、色移りを防ぐ方法をご紹介します。

 

宅配クリーニング「リコーべ」ネットでクリーニングを簡単注文

宅配クリーニング「リコーべ」ではインターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービスです。パック料金だから全品ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングがだせます!

全品ブランド衣類・ダウンジャケット
でも追加料金なし!
今なら会員特典でさらにお得に!

詳しくはこちら

 

洗濯物の色移りの基本的な落とし方

色移り 落とし方

洗濯物を洗っているときに、色移りが起こってしまったことはありませんか?色移りは、衣類の染料が他の衣類に移ってしまうことで起こります。色移りが起こった場合は、早めに対処することが大切です。

【必要なもの】

  • ゴム手袋
  • バケツ等の容器
  • お湯(50℃前後)
  • 洗剤(通常の2~3倍の量)
  • 漂白剤

色移りを落とすための基本的な方法は、以下のとおりです。

【色移りの落とす手順】

  • 衣類を50℃前後のお湯に浸ける
  • 洗剤と漂白剤をお湯に入れる
  • 衣類を30分ほど浸け置きする
  • 普段通りに洗濯をする

➀衣類を50℃前後のお湯に浸ける

色移りに気づいたらすぐに対処しましょう。色移りは時間が経つほど、落としにくくなります。沸騰させたお湯に水を足して温度を下げるのがおすすめです。お湯の温度が高すぎると、衣類が傷む可能性があります。

➁洗剤と漂白剤をお湯に入れる

洗剤は通常の2~3倍の量を使うと、洗浄力が上がります。漂白剤は洗濯物の色や落としたい色で使い分けましょう。

  • 酸素系漂白剤:色落ちの心配が少なく、デリケートな衣類にも使用できます
  • 塩素系漂白剤:洗浄力が強く、白物の色移りに効果的です
  • 還元型漂白剤:酸素系漂白剤と塩素系漂白剤の両方の性質を持ち、幅広い衣類に使用できます

③衣類を30分ほど浸け置きする

色が落ちていなければさらに浸け置きしましょう。色移りの種類や衣類の素材によっては、長時間の浸け置きが必要な場合もあります。

④普段通りに洗濯をする

色移りが落ちたら、普段通りに洗濯しましょう。色移りが完全に落ちていない場合は、再度洗濯を繰り返しましょう。

色移りを落とすのに使える洗剤

色移り 洗剤

洗濯洗剤には、大きく分けて「弱アルカリ性洗剤」と「中性洗剤」の2種類があります。

弱アルカリ性洗剤は、洗浄力が高く、色移りや皮脂汚れなどの頑固な汚れを落とすのに効果的です。そのため、色移りを落とすには、基本的に弱アルカリ性洗剤がおすすめです。

中性洗剤は、洗浄力が弱く、色落ちや衣類の傷みが起こりにくいのが特徴です。そのため、デリケートな衣類や色落ちしやすい衣類を洗うときに向いています。

種類

洗浄力

向いている洗濯物

弱アルカリ性洗剤 高い
  • 色移り
  • 皮脂汚れ
  • タバコのヤニ
  • 食べこぼし
  • 泥汚れ
中性洗剤 低い
  • デリケートな衣類
  • 色落ちしやすい衣類
  • 普段の洗濯
  • 色移りを落とすには、弱アルカリ性洗剤がおすすめです。
  • デリケートな衣類や色落ちしやすい衣類を洗う場合は、中性洗剤を選びましょう。
  • 洗剤の表示をよく確認して、衣類に合った洗剤を選びましょう。

 

コース料金

お急ぎの方は最短5日でお届け!
全品ダウンジャケットでもOK!

詳しくはこちら

 

色移りを落とすのに使える漂白剤

漂白剤

漂白剤には、大きく分けて「酸素系漂白剤」「塩素系漂白剤」「還元型漂白剤」の3種類があります。

種類

白物 色柄物

主な商品

酸素系漂白剤

・オキシクリーン

・ワイドハイター

塩素系漂白剤

・ハイター
還元型漂白剤

・ブリーチ

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は、水に溶けると酸素を発生させ、その酸素によって染料を分解する漂白剤です。色落ちの心配が少なく、デリケートな衣類にも使用できます。

【効果が期待できるもの】

  • デニムの色移り
  • 白ワイシャツ・白ブラウスへの色移り
  • 汗染み
  • 食べこぼし
  • 泥汚れ

【ポイント・注意点】

  • 酸素系漂白剤は、水に溶かしてから使う必要があります。
  • つけ置き時間が長すぎると、衣類が傷む可能性があるため、30分以内にしましょう。
  • 酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤と混ぜると有毒なガスが発生するため、注意しましょう。

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は、強力な漂白力で、白物の色移りに効果的な漂白剤です。ただし、色落ちや衣類の傷みが起こる可能性があるため、注意が必要です。

【効果が期待できるもの】

  • 白無地衣類の漂白
  • 黄ばみ
  • 黒ずみ
  • 食べこぼし

【ポイント・注意点】

  • 塩素系漂白剤は、色柄物には使用できません。
  • つけ置き時間が長すぎると、衣類が傷む可能性があるため、30分以内にしましょう。
  • 塩素系漂白剤は、酸素系漂白剤と混ぜると有毒なガスが発生するため、注意しましょう。

還元型漂白剤

還元型漂白剤は、弱アルカリ性の漂白剤で 鉄サビの汚れや、鉄分を含む水でできた黄ばみに使用します。 色柄物や水洗い不可の衣類には使用できない特徴があります。

【効果が期待できるもの】

  • 鉄分による黄ばみ
  • 塩素系漂白剤による黄ばみ

【ポイント・注意点】

  • 洗濯表示を確認して、漂白剤の使用が可能か確認しましょう。
  • 漂白剤の使用量は、表示に従って使いましょう。
  • 漂白剤は、水に溶かしてから使いましょう。
  • つけ置き時間は、表示に従って守りましょう。
  • 漂白剤は、換気の良い場所で使いましょう。

時間が経った色移りの落とし方

時間が経った色移りの落とし方

時間が経った色移りは落としにくい場合があります。前段で述べた漂白剤を使う方法なら、ある程度の効果が期待できます。それでも落ちない場合や、衣服が傷むことが心配な場合は、クリーニング店への依頼がおすすめです。クリーニング店では、専用の機器や薬剤を使って、色移りを落とすことができます。

 

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベではシミ抜き、毛玉取り、ボタンゆるみ直し、再仕上げ、送料無料、長期保管無料、付属品無料を0円で対応しています。それぞれの専門家が担当しており、お洋服が新品のように蘇らせます!

詳しくはこちら

 

洗濯物の色移りを防ぐ方法

洗濯物の色移りは、洗濯時に衣服の染料が溶けて、他の衣服に付着することで起こります。色移りを防ぐためには、以下の方法を参考にしましょう。

  • 色の濃いものと薄いものは分けて洗濯する
  • 色移りが心配なものは洗濯ネットに入れる
  • 普段の洗濯は中性洗剤を使用する
  • 色移り防止シートを使用する
  • 洗濯後はすぐに干す

色の濃いものと薄いものは分けて洗濯する

色移りの原因の1つは、衣服の染料が溶けて、薄い色の洗濯物に付着することです。そのため、色の濃いものと薄いものは分けて洗濯することで、色移りを防ぐことができます。

また、衣服の素材によっても、色移りのしやすさは異なります。例えば、デニムやジャージなどの素材は、色落ちしやすいため、他の衣類と分けて洗濯するようにしましょう。

色移りが心配なものは洗濯ネットに入れる

洗濯機の中で衣服が擦れ合うことも、色移りの原因になります。そのため、色移りが心配な衣類は、洗濯ネットに入れることで、衣服同士の接触を防ぐことができます。

洗濯ネットは、目の細かいものを使用しましょう。目の粗い洗濯ネットでは、衣服が抜け落ちたり、色移りが起こる可能性があります。

普段の洗濯は中性洗剤を使用する

弱アルカリ性洗剤は、洗浄力が強く、色移りの原因となる可能性があります。そのため、色の濃いものを洗濯する際は、中性洗剤を使用するようにしましょう。中性洗剤は、衣類の色落ちや傷みを防ぐ効果もあります。

色移り防止シートを使用する

色移り防止シートは、衣服と衣服の間に挟んで使用することで、色移りを防ぐことができます。色移り防止シートは、洗濯機のネットポケットに入れたり、洗濯物の上に直接敷いたりして使用します。

洗濯後はすぐに干す

濡れている洗濯物をくっつけたままにしておくと、色移りの原因になる可能性があります。そのため、洗濯後は、脱水後はすぐに干しましょう。また、洗濯機から取り出した後は、衣服同士がくっつかないように、すぐに広げるようにしましょう。

上部へ戻る