リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

カテゴリー

新着情報

記事一覧

礼服のクリーニング料金相場はいくら?最適なクリーニング頻度やかかる日数も紹介

礼服

礼服のクリーニング相場をご存じでしょうか?やや高めなので、なかにはクリーニング代を負担に思う人もいるかもしれません。そもそもあまり汚れていない礼服は、クリーニングに出さなくてもよいのでしょうか?この記事では、礼服のクリーニング料金相場や頻度、洗いあがりまでの日数などについて詳しくご紹介いたします。クリーニングの正しい活用法を知って、いつまでも礼服を良い状態に保ちましょう。

礼服のクリーニング料金

礼服のクリーニング料金

 

 

 

 

 

礼服は、上下の2部式になっているものが多く、それぞれを洗う必要があります。クリーニング料金は、礼服の種類によってさまざまです。ここでは、衣類ごとのクリーニング料金の目安や価格の傾向についてご紹介します。

礼服(上)

礼服の上着の場合、クリーニング代の目安は900~3,400円程度です。上着のクリーニング料金には、価格幅があり、これは礼服の種類によって変わります。礼服には、格式の高い順から「正礼装」「準礼装」「略礼装」という3つの種類があります。略礼装の上着の形は、ビジネススーツに近く上着の総丈は最も短くなっています。略礼装の上着が最もクリーニング料金が抑えられていて1,000円前後で対応可能です。女性の上着や、ボレロなどのクリーニング料金も略礼装の価格帯と同様です。一方、正礼装の燕尾服のように総丈が長いものは、それに応じてクリーニング料金も高くなります。

礼服(下)

礼服のズボンやスラックスのクリーニング代の目安金額は550~1,400円程度です。礼服には、3つの格式の違いがありますが、それぞれの礼服の下に着る衣類の形はほぼ同様です。そのため、礼装(下)については礼装の種類によっても、価格はそれほど変わりません。礼服(下)のうち、女性のスカートやパンツのクリーニング価格の相場は、およそ700~800円です。男性のズボンやスラックスのクリーニング料金相場も、スカートとほぼ同様です。

礼服ワンピース

礼服ワンピースタイプのクリーニング代の目安金額は、1,000~2,000円程度です。ただし、女性の礼服にはレースやスパンコール、特殊なフリル加工などが使われている場合があります。ワンピースのデザインによっては、1点ずつ特に丁寧に扱わなければなりません。そのため、礼服のワンピースは通常のクリーニング料金に加えて装飾品のオプション料金をいただきます。それぞれの加算料金は、数百円程度ですが、「服飾品をつけたままクリーニングに出すのか」「取り外して自分で洗うのか」ご自身で判断してもよいでしょう。

スーツよりクリーニング料金が高いのはなぜ?

スーツよりクリーニング料金が高い

 

 

 

 

 

礼服は、一般のスーツのズボンに比べると後述の加工などにより高くなる傾向です。礼服をクリーニングに出すと、「ハイクラス加工」などというタグが付いてくる場合があることをご存じでしょうか。礼服はハイクラス商品として特別な洗い方をしています。特別な衣類だからこそ着用したいときにすぐ快適に着られるよう配慮しているのです。

ハイクラスクリーニングの特徴は、以下の通りです。

  • 専用ラインなどを使用し、できるだけソフトな洗い方を行う
  • 熟練の職人がアイロンで手仕上げをする
  • 衣類の型崩れ防止ハンガー等を使用し、長期保管のため不織布での包装がされている

礼服をクリーニングに出す最適な頻度

礼服クリーニング頻度

 

 

 

 

 

礼服は、基本的に1度使ったらクリーニングに出すことをおすすめします。礼服は、特別な日に着用するものなので、一度しまってしまうとしばらくの間着用しません。その間に前に着たときの汗や汚れなどがしみ込んでしまいます。収納する前は何もないと思っていても、洗わないまま時間がたったことで汚れが定着すると洗っても落ちなくなってしまうのです。

さらに、衣類に汚れがある状態でしまいこむと、それらを好む害虫のえさになります。ウールなど天然繊維の礼服はもちろん、化学繊維の礼服も注意が必要ですね。もちろん、お通夜や告別式など明らかに連続して礼服を着る日が決まっている場合には、ひと通りの予定が終わってからで構いません。

礼服をクリーニングに出すタイミング

礼服をクリーニングに出すタイミング

 

 

 

 

 

礼服のクリーニングを出すタイミングは使用している時間や時期によって変えることをおすすめします。汗をかきやすい夏場や、礼服を1日中来ていなければならない場合には、布地を痛める可能性が高いため、着用後すぐにクリーニングに出しましょう。一方、短時間着ただけなどの場合、クリーニングに出すかどうか迷う人も多いかもしれません。

「あまり汚れていないだろう」と思ってしまいがちですが、ここで礼服をそのまま収納してしまうと、カビや虫食いなど思わぬトラブルになりかねません。そのため、1度でも着用した礼服は、迷わずすぐにクリーニングに出してください。湿気が多い季節の前にクリーニングを出しておけば、大切な礼服に付くカビを防止することができます。

礼服のクリーニングにかかる日数

礼服のクリーニングにかかる日数

 

 

 

 

 

礼服をクリーニングに出す場合、店舗によって即日~約1週間と、洗いあがるまでの日数に違いがあります。ここでは、店舗型と宅配型とにわけてそれぞれのクリーニングにかかる日数の違いを確認していきましょう。

店舗型クリーニング店

店舗型のクリーニング店の場合、洗いあがりまでの日数は即日~3日間が目安です。店舗で衣類クリーニングを受け付けたあとは、洗濯工場でまず仕分けが行われます。ポケットの中身や破れ、シミの状態を確認してから洗浄や乾燥、仕上げと工程が続きます。クリーニングが完了したあとは、元の店舗へ衣類を届けます。店舗に洗濯設備を併設している場合や、特急対応のクリーニングを受け付けてくれるところであればより早くクリーニングできますよ。

宅配型クリーニング店

宅配型クリーニング店の場合、洗いあがりまでの日数は2日~1週間程度が目安です。最近は、衣類の引き取りである集荷だけであれば、即日対応可能という宅配クリーニング店もあります。しかし、宅配型クリーニング店の場合は、個々のお客様のもとへ出かける配送時間が必要なので、店舗型クリーニング店へ依頼する場合よりも多少時間がかかります。自分で店舗に持ち込む手間が削減できるという特徴があるので、大量の衣類をクリーニングに出したい場合など、店舗型と利用する際の使い分けを考えておくと良いでしょう。

即日クリーニングは可能?

即日クリーニング

 

 

 

 

 

即日クリーニングは、主に店舗型クリーニング店が行っているサービスです。即日クリーニングを利用する場合は、店舗によって即日対応できる時間が決められています。締め切り時間までに受け付けた衣類をその日の夕方までに洗い上げるというのが一般的な形式です。礼服は、急に必要になることも少なくありません。しかし、すべての店舗で即日クリーニングを受け付けているわけではないので、あらかじめ依頼しやすい店舗を知っておくと便利ですよ。

礼服を毎回クリーニングに出したほうがいい理由

礼服を毎回クリーニング

 

 

 

 

 

先に紹介した通り、礼服は少しでも汚れが付いていると、カビや汚れなどが痛む原因になりかねません。着用前に再度クリーニングを出す手間やお金がかかったり、生地が劣化して着られなくなったりする可能性もあります。また、長い間洗わずに衣類を保管しているとカビが生えやすくなる可能性も高くなるでしょう。ハイクラスクリーニングでは、礼服を美しい状態で長期間着用できるように、ソフトな洗い方で機械プレスではなく手仕上をします。さらに、抗菌・防カビ加工などを追加オプションすることで、長期保管に最適です。

礼服のクリーニングにおすすめのオプション

礼服のクリーニングはオプションを付けることで、さらに快適に利用ができます。おすすめのオプションとしては以下の内容が挙げられます。

・防菌・防カビ加工
自宅で保管する際に礼服を清潔に保つためのオプションとなります。長期保管が多い礼服におすすめです。

・防臭加工
臭いが付かないようにするオプションです。汗や皮脂、加齢臭などの臭い対策ができます。

・汗抜き加工
落ちにくい汗や皮脂が残っている衣料の汚れをきれいに落とします。

・防虫加工
防虫効果のあるコーティングを行い、保管中に虫の発生を防ぎます。

・花粉ガード
花粉をつきにくくするコーティングを施し、花粉症の季節でも快適に過ごせるように加工します。

礼服をクリーニングに出す時の注意点

礼服をクリーニングに出す時には、いくつかの注意点があります。礼服は他の衣類よりも丁寧な扱いが必要です。事前に確認しておくことで、さまざまなリスクを防ぎましょう。

<注意点>

  • 礼服用のコース(ハイクラスクリーニング)で依頼する
  • ポケットの中を空にする
  • 破れや糸のほつれのチェック
  • 汚れのチェック

礼服用のコース(ハイクラスクリーニング)で依頼する

礼服をクリーニングに出す場合には、礼服用のコースを選ぶことが大切です。礼服は他の衣類よりも丁寧な洗い方が必要となるため、通常のコースとは別料金のコースとして設定されています。

宅配での利用時には、メモなどで礼服である旨を記しておくと安心です。礼服と普通のスーツは区別がつきやすいと思うかもしれませんが、希望するコースを明確にしておくことによって取り違えるリスクを最小限に抑えることが可能です。

礼服に特化したコースは工数が増えるため、その分価格も高くなりますが、仕上がりの満足度も高いのでおすすめします。

ポケットの中を空にする

礼服をクリーニングに出すなら、ポケットの中身を空にすることが必要です。残っていたものによっては礼服を傷つける原因となり、仕上がりそのものにも影響します。そのためお願いする前には、きちんと確認をしましょう。特にティッシュやハンカチ、小銭は入れたまま気づかないことが多いものです。

特にレシートやティッシュといった紙類は、礼服に付着する恐れがあります。小銭や宝飾品は、破損や礼服の生地を傷める原因となります。もし貴重品が入ったままクリーニングに出してしまっても、基本的には保証されないため、あらかじめ中身を確認しておくと安心です。

破れや糸のほつれのチェック

クリーニングに出す前に、糸のほつれや生地の破れ、ボタンの取れかかりなどもチェックしておくことが大切です。ほつれや破れはクリーニング中に破損などの恐れがあるため、受け付けしてもらえない可能性もあります。また、ボタンを紛失するリスクもあります。

もし破れている箇所を見つけたら、修繕をしてからクリーニングに出すと良いでしょう。あるいは、クリーニング店に相談してみても良いでしょう。宅配クリーニングの場合は事前連絡で伝えるか、メモを添付しておくと間違いがなく安心です。

汚れのチェック

食べこぼしや汗染みなどもクリーニング前にチェックしておきましょう。袖口や襟などは汚れやすい部分なので、特にチェックが必要です。また、汗をかきやすい人や暑い時期に出す場合は、染みになっていないかも見ておきましょう。

目立った汚れがある場合は、クリーニングに出す際に相談しておくことがおすすめです。宅配の場合は、汚れの箇所と内容をまとめたメモで伝えておきましょう。

喪服は難しいがパーティドレスなどは長期保管がおすすめ

急に必要になる喪服を除いて、礼服は基本的に次に使用する日が事前に分かります。そのため、タキシードや燕尾服、パーティドレスといった礼服は長期保管がおすすめです。ほかにもしばらく使用しないことが分かっている場合は、クリーニングの長期保管を検討してみましょう。

長期保管には以下のようなメリットがあります。

<長期保管のメリット>

  • 温度・湿度の調整された空間での管理
  • 赤外線ガード
  • 害虫予防
  • 家の中がスッキリする
  • 日焼けを防止
  • ベストな状態で着用できる

普段は使わない礼服は、自宅に置いてあってもスペースを取ってしまいますし、保管方法が悪いと痛んでしまいます。クリーニングの長期保管なら、自宅の収納スペースを広げられ、次に着る時もベストな状態で快適に着用できます。

長期保管ならリコーべの保管宅配クリーニングをご検討ください

自宅での礼服管理方法

自宅での礼服管理方法

 

 

 

 

 

 

最後に、礼服を自宅で管理する方法をご紹介します。

  • クリーニングに出してからしまう
  • クリーニングのポリ袋カバーは外して収納
  • 太目のハンガーにかけて不織布を使って保管

通気性の低いポリ袋の場合、なかに湿気がこもっていることがあり、カビが発生する原因になります。また、細いハンガーの場合、上着の肩パットに食い込んで型崩れを起こしやすくなります。太いハンガーがない場合は、タオルを肩の部分に巻けば型崩れが予防できます。

  • 直射日光に当てない

紫外線は部分変色、退色の原因になります。美しい礼服の色合いが損なわれないように配慮しましょう。

  • 湿度の低い場所に保管
  • 防虫剤を使う
  • 定期的(半年に1度くらい)に風通しの良い日陰で虫干しする

衣類の保管方法に注意して、カビや虫から大切な礼服を守りましょう。

まとめ

礼服を美しく保つためには、一度でも着用したら汚れが付いているものとしてクリーニングに出しましょう。礼服をクリーニングに出す場合、礼服の種類により料金が変わります。また、礼服はハイクラスコースをお選びいただき、長い間保管していてもカビや虫害などから礼服を守るための加工もお勧めいたします。

上部へ戻る