リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ボールペンのインクの落とし方|クリーニングに出した方が良いものを解説

ボールペンを使っていて、インクが衣服についてしまうと焦りますよね。ボールペンインクは、衣服について時間が経つと落とすのが非常に難しくなるため、すぐに対応することが大事です。

今回は、衣服についたボールペンインクの落とし方とクリーニングに出すかどうかの基準、クリーニング時の注意点をご紹介します。服についたインクをキレイに落としたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

宅配クリーニング「リコーべ」ネットでクリーニングを簡単注文

宅配クリーニング「リコーべ」ではインターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービスです。パック料金だから全品ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングがだせます!

ダウンクリーニングバ2401

 

ボールペンのインクの落とし方

ボールペンのインクの落とし方

ボールペンで衣服についたインクは、どのように落とせばいいのでしょうか。インクの種類ごとに、汚れの落とし方を解説します。

水性インク・ゲルインク

水性インクまたはゲルインクは、溶剤に水を使用しているインクです。どちらも水溶性で、水性インクは滲みやすく書いた後に触れると文字が擦れてしまう一方、ゲルインクは水溶性でありながら速乾性に優れています。両方ともサラサラとした、なめらかな書き心地が特徴です。

水性インクまたはゲルインクは水に溶けるため、衣服についた場合も落としやすい傾向があります。インクが付いてすぐであれば、まだ染み込んでいないため、水だけでも綺麗に落ちる場合があります。汚れがついた部分を水で濡らし、水を吸う布かペーパータオルを被せましょう。しばらく放置し、汚れた浮いてきたら、洗濯機で洗濯をします。

汚れが浮いてこない場合には、石鹸をつけて優しくもみ洗いをするか、衣服の裏側に布をあて、中性洗剤をかけて歯ブラシで叩きます。最後にぬるま湯でよくすすぎ、洗濯機で洗濯してください。

油性インク

油性インクは色素を有機溶剤に溶かして作られる、水を弾くインクです。速乾性に優れており、にじみが少ないのが特徴です。インクの粘度が高く、描きはじめにはかすれることが多いです。書いた後に滲んだり消えたりしにくいために、重要書類で使用され、重めの書き味となります。

布についた油性インクは落ちにくいため、基本的には水洗いだけでは綺麗になりません。油性インクの汚れを落とす際には、以下のうちのどれかを使用しましょう。

  • エタノール
  • 除光液
  • クレンジングオイル

まず、ボールペンのインクがついた部分の裏側に、水分を吸収する布を敷きます。その後、汚れの上からエタノール、除光液、クレンジングオイルなどをかけます。しばらくして汚れが浮いてきたら、布や歯ブラシで優しく叩き、汚れを落とします。この時に擦ってしまうと、汚れが広がったり、繊維に深く入り込んだりしてより汚くなってしまうため、気をつけましょう。

汚れを落とした後はぬるま湯ですすいで、洗濯機で洗濯をします。

フリクションインク

フリクションインクはゲル状で、温度変化によって色が消えるインクです。ボールペンではありますが、ラバーで擦ることで書いた部分を消せます。

しかし、フリクションインクが布についた場合は、専用のラバーでも簡単には落とせません。ただし、高温になると色が透明になるという仕組みを利用し、インク汚れを目立たなくさせることは可能です。フリクションインクで布が汚れた際には、アイロン、またはドライアーの温風をインク部分にあて、インクの色を透明にします。布によってはアイロンが使えなかったり、高温にすると変形してしまったりするため、必ず洗濯表示を確認しましょう。

 

ダウンクリーニングバ2401-2

 

ボールペンのインクでクリーニングに出した方が良いもの

ボールペンのインクでクリーニングに出した方が良いもの

衣服についたボールペンのインク汚れは、前途した方法で落とすことができる場合もありますが、基本的にはクリーニングに出した方が安心です。自宅で落とそうか、クリーニングに出そうか迷った際には、次に説明する2つのことを判断基準としてください。

生地

生地によっては、自分でボールペンのインクを落とそうとせずにクリーニングに出した方が良いものがあります。自宅でボールペンのインクを落とす際に、最後に洗濯機で洗うことになるため、洗濯機で洗えない生地はクリーニングに出しましょう。具体的には、以下の生地が該当します。

  • ウール
  • カシミア
  • レーヨン
  • シルク
  • ポリウレタン

これらの生地は繊細で扱いが難しく、自宅で洗濯すると傷んでしまうリスクがあるため、インク汚れを落とすのはプロに任せましょう。また、これらの記事以外もレースなどの繊細な装飾がついた生地は、インク汚れを落とすために叩いたり揉んだりする際、ほころびや痛みが発生する可能性があるのでクリーニングに出す方が安心です。

時間が経ってしまった衣類

インクがついてから時間が経ってしまった衣服は、無理に自分で落とそうとせずにクリーニングに出しましょう。時間がたったインクは、落ちにくい状態になっています。この根深い汚れを落とそうと、激しく叩いたり揉んだりすると、衣服が痛む原因となります。

数時間以内なら、完全に布にインクが染み込んでいないため、応急処置で落とせることもあるでしょう。しかし、数日経ったものは布がインクで染まってしまっているため、プロの技術を頼るべきです。もし自分で落とそうとして、汚れが広がってしまった場合には、クリーニング代が高くなる場合もあります。

ボールペンのインクがついた衣類をクリーニングに出す際のポイント

ボールペンのインクがついた衣類をクリーニングに出す際のポイント

ボールペンのインクがついた衣服をクリーニングに出す場合は、汚れがボールペンのインクであることと、どこに汚れがあるのかを必ず伝えましょう。ボールペンのインクは通常のクリーニングメニューに「しみ抜きサービス」を追加することをおすすめします。その際、インク汚れがある点と場所を伝えないと、見落とされる恐れがあります。

また、インクの種類によって落とし方が異なるため、クリーニングに出す際には衣服についたインクの種類も伝えるとよいでしょう。時間が経ってしまったボールペンインクのシミを落としたいなら、シミ抜き技術を持ったクリーニング店を選んで出すのがおすすめです。

 

コース料金

お急ぎの方は最短5日でお届け!
全品ダウンジャケットでもOK!

詳しくはこちら

 

まとめ

まとめ

衣服にボールペンのインクがついた際には、ついてすぐであれば自宅で落とせます。水性インク・ゲルジェットは水に溶けるため、汚れを濡らした後に布やキッチンペーパーで汚れを吸い取ります。油性インクは、薬剤を使いましょう。フリクションは熱をあてることで、インクの色が消えます。

ただし、生地によっては傷んでしまうため、クリーニングに出した方がよいでしょう。また、時間が経ったボールペンインクの汚れも自宅で落とすことが難しいため、クリーニングがおすすめです。

クリーニングを出す際には、どこにインク汚れがあるのかをしっかり伝えてくださいね。

上部へ戻る