リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

クリーニングの染み抜きで落とせない汚れはあるのか|料金相場も紹介!

「お気に入りの洋服にシミができてしまった‥でも自宅での染み抜きは生地を傷めそうで不安」
「洗ってもどうしても落とせない汚れがあって困っている」

そのようなときは、プロのクリーニングで染み抜きをしてもらうことをオススメします。家庭の洗濯では落ちにくい汚れからクリーニングでも落とせない汚れについて、クリーニングの染み抜きの料金相場までを紹介します。

家で落ちない汚れも染み抜きクリーニングなら落ちる!

染み抜き 汚れ

家庭の洗濯ではなかなか落ちない汚れでも、プロの染み抜きクリーニングに依頼すれば綺麗になるケースは多いです。シミや汚れが落とせなくて困っているのであれば、クリーニングに出してみるといいでしょう。

とくに以下のような汚れは家庭では落としにくいですが、クリーニングの染み抜きで汚れを取り除くことができます。

  • 汗ジミや黄ばみ
  • 血液のシミ
  • 油ジミ
  • 食べこぼしのシミ
  • 化粧品の汚れ

クリーニングの基本的な染み抜きでは、素材と汚れの種類をしっかり確認します。
その上で、それぞれの特徴にあわせて、油性の染み抜き、水性の染み抜き、またよりしつこい汚れには漂白を行います。

それぞれの汚れが何に当たるのか確認しておきましょう。

汗ジミや黄ばみ

汗ジミや黄ばみは、脇や襟元に付着しやすい汚れで、主な原因は汗や皮脂の蓄積です。夏はとくに汗をかきやすいので、汗染みがつきやすいですが、冬でも汗はかきます。汗や皮脂は放置するとどんどん酸化し黄ばみとなりやすいため、できるだけ早くケアをするようにしましょう。

汗ジミや黄ばみはクリーニングの染み抜きで落とすことができます。
クリーニング店では皮脂汚れには石油系の溶剤を使ったドライクリーニングで、汗ジミには専用の洗剤で水洗いするのが一般的です。プロは汚れの種類を見極めて適した溶剤を使うので、汚れにしっかりアプローチできるでしょう。

血液のシミ

日常生活のなかで、けがや鼻血などで血液が衣類についてしまうことは少なからず起こるでしょう。しかし、血液は家庭では綺麗に落としきれないことがあります。
血液はタンパク質と色素でできており、時間が経つほどタンパク質が固まり落としにくくなります。
クリーニングであれば、タンパク質を分解できる溶剤を用いて水洗いもしくはドライクリーニングを行います。漂白剤のような強い溶剤を家庭で染み抜きに使うのは、素材によっては困難です。色柄物や繊細なものは、素材に応じた目利きと技術が必要となるため、プロに任せた方が無難でしょう。

油ジミ

厄介な油ジミは調理中や食事中に油が服に散ってしまうなど、普段の生活のなかでつきやすい汚れの一つです。油ジミは油溶性のシミで水に解けない性質を持っているため、家庭での洗濯では染みが残ってしまいがちです。油は性質上、ドライクリーニングで使われる石油系の溶剤にとけやすいため、ドライクリーニングで綺麗に染みを抜くことができます。

食べこぼしのシミ

気をつけて食べていても、ふと瞬間に服の上に落としてしまうこともあるでしょう。食べこぼしのシミには、調味料や果汁、アルコールなど様々な種類の汚れが考えられます。食材によっては水性のもの、油性のもの、両方が混ざったもの、タンパク質系の汚れなど性質も異なります。
どんな食材のシミがついたかによってクリーニングの仕方も異なります。クリーニングの職人であれば汚れの種類を見極めることも可能ですが、なにを落としたシミなのかわかる範囲で伝えておくと安心です。

化粧品の汚れ

服の着脱で服に口紅やファンデーション、日焼け止めなどがついてしまうことがあります。化粧品の汚れは基本的に油性の汚れです。化粧品汚れは水に溶けにくく家庭での洗濯ではなかなか落としにくいもの。
プロのドライクリーニングで使われる石油系の溶剤を用いることで、綺麗にシミや汚れを取り除くことができます。

染み抜きクリーニングで落ちない汚れ

染み抜き 落ちない

上記で紹介した家庭では落としにくい汚れでも、プロのクリーニングであれば落とせることが多いです。しかしどんな汚れにも万能に対応できるわけではありません。以下のような汚れやシミは、クリーニングに出してもなかなか取り除くことは難しいので注意しましょう。

  • インク・ペンキ
  • 墨汁
  • カビ
  • 時間が経過した汚れ

インク・ペンキ

インクやペンキは成分に着色剤が使われているうえ、油性の場合は水に溶けにくい性質を持つため、より取れにくいです。とくに、着色剤は水で落ちにくく時間が経過すると繊維自体を染めて定着してしまいます。
そのためインクやペンキの汚れは、染み抜きクリーニングに出しても落としきれないケースも多いのです。

H3. 墨汁

墨汁はカーボンブラックという黒い顔料や接着剤などの成分からできています。この黒い顔料が不溶性で水にも油にも溶けにくい性質を持つため、家庭でもクリーニング店であっても落とし切るのは困難です。またカーボンブラックは粒子が細かく、繊維の隙間に入り込みやすく、とても落としにくい汚れの代表でしょう。

カビ

カビはクローゼットにしまっていても、湿度や気温、ホコリなど環境が揃うと繁殖してしまう汚れです。カビには白カビと黒カビの2種類ありますが、とくに落としにくいのが黒カビです。黒カビは繊維の深い部分にまで根をはっているケースが多く、クリーニング店でも除去することは難しいでしょう。

時間がたった汚れ

インク・ペンキ類、墨汁、カビ以外の、本来であれば落とせるはずの汚れも時間が経つと落としにくくなります。
汚れの種類にもよりますが、皮脂や汗などの汚れは時間の経過とともに酸化し、生地自体が変色してしまうケースがあります。また、血液などタンパク質系の汚れは固くなり頑固な汚れと化します。
これら以外の汚れであっても、時間が立つことによって汚れが繊維の奥に入り込み、定着してしまうとクリーニングであっても取り除くことが難しくなるので、汚れにはできるだけ早く対処しましょう。

染み抜きクリーニングの料金相場

染み抜き 料金相場

クリーニング店には、大きく分けて以下の2種類があり、どちらのクリーニングでも染み抜きを依頼することができます。

  • 店舗クリーニング
  • 宅配クリーニング

それぞれの料金の相場について、いくつか事例をご紹介します。

【店舗クリーニング】

  • 白洋舎:500~1,000円
  • ホワイト急便:0~5,000円

ホワイト急便では基本的な染み抜きは無料でおこないますが、それでも取れない頑固なシミの場合、有料だと5,000円〜と高額になります。

【宅配クリーニング】

  • リコーべ:無料
  • クリコム:700円〜
  • 匠抜き:300円〜

宅配クリーニングでは、無料のオプションとして染み抜きがついているサービスもあれば、有料オプションのサービスもあります。またシミの種類やサイズによって料金設定が異なることもあるため、染み抜きサービスの内容はしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

染み抜き まとめ

洋服についた汚れは、とにかく早めに対応することが大切です。自宅で洗っても落とせない頑固な汚れや大切な衣類の場合は、プロのクリーニングに依頼した方が安心でしょう。プロの技術でしっかり染み抜きができます。染み抜きのクオリティやサービス内容・料金は利用するサービスによって大きく異なるため、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。
リコーべの染み抜きは経験豊富なシミ抜き職人が在籍しており、1点1点シミを見極めて処理をします。他では落ちなかったシミもキレイになったと評判もよく、また無料サービスでおこなっています。大切な洋服の汚れが落とせずに困っているのであれば、ぜひリコーべを検討してみてはいかがでしょうか。

上部へ戻る