リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース 家庭用洗濯料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

家庭の洗濯でシミを落とす方法|シミの種類とシミ抜きのポイント

お気に入りの服にうっかり付いてしまったシミ。なかなか取れず、苦労した経験がある方も多いのではないでしょうか。

一見同じシミに見えても、なんのシミが付いたのかによって使うべき洗剤や洗い方が異なります。
洗剤の選び方や扱い方を間違えるとシミが広がったり、新たなシミの原因となったりするなどせっかくの洋服が台無しになることもあります。

ここでは、シミの種類とシミに応じた洗剤の選び方、手遅れにならないための応急措置の方法を紹介します。

送料無料!最大12ヶ月の保管サービス!ネットで簡単注文!

「宅配クリーニング」と聞くと、仕上がりや対応に不安を感じる人も多いかもしれません。ですが保管宅配クリーニングのリコーベでは、熟練の職人が自身のプライドにかけて、“絶対の品質”と“絶対的なサービス”を約束しています。ぜひ一度、その職人の妙技を感じてください。

無料会員登録

シミの種類

シミの種類

シミには大きく分けて、以下の3種類に分けることができます。

 

シミの種類

  • 水溶性
  • 油溶性
  • 不溶性

 

シミによっては、この3種類が混ざりあったものや、間違った洗剤を使用したことによってシミができる場合もあります。それぞれのシミの性質に合わせてシミ抜きをすることで、きれいにシミを落とすことができます。

水溶性

水溶性のシミとは、水に溶けやすい性質があり、普段通りの洗濯できれいになることがほとんどです。

 

【水溶性のシミの例】
醤油、ソース、コーヒー、紅茶、カレー、ケチャップ、果汁、血液、水性インク

 

水溶性のシミは、上記のような食べ物由来の汚れがほとんどです。このような水溶性のシミは中性洗剤や台所用洗剤でも落とすことができます。

油溶性

油溶性のシミとは、油を含む汚れのことで水に溶けにくく、油分によって溶かすことができる性質があります。

 

【油溶性のシミの例】
口紅、ファンデーション、マニキュア、クレヨン、マーガリン、バター、チョコレート

 

洋服のシミが油溶性か水溶性かを見分けが付かない場合は、シミに水分を一滴垂らしてみてください。水が染み込めば水溶性、水を弾けば油溶性であると判断できます。

不溶性

不溶性のシミとは水にも油にも溶けない汚れのことで、3種類のシミのなかで最も汚れが落としにくいシミです。

 

【不溶性のシミの例】
泥、墨汁、サビ、ゲルインク、香水、チューイングガム

 

シミを落とす方法

シミを落とす方法

シミを落とす主な方法として以下の方法があります。

シミの種類によって使い分ければ、頑固なシミも落とせる可能性が高くなるでしょう。

 

  • 塩素系漂白剤
  • 酵素系漂白剤
  • シミ抜き専用洗剤
  • 台所用洗剤
  • 日光

 

それぞれのシミの落とし方について詳しく解説しましょう。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

塩素系漂白剤を使う

塩素系漂白剤は、汚れの成分を根こそぎ分解するため、通常の洗濯洗剤よりも漂白力が強いのが特徴です。

 

塩素系漂白剤がおすすめのシミ

  • 頑固な水溶性のシミ
  • 頑固な油溶性のシミ
  • 不溶性のシミ

 

塩素系漂白剤で洗える衣類

  • 白い服
  • 白いタオル
  • 水洗いできる素材

 

塩素系漂白剤は漂白力がかなり強く、服を傷める可能性が高いので、色物や柄物の衣類には色や模様までも漂白してしまうため、使用できません。また白い衣類で風合いが変わってしまう可能性があるため、事前にチェックテストを行うことをおすすめします。

 

チェックテストのやり方

  1. 1. 規定量の水で薄めた漂白剤を用意する
  2. 2. 綿棒に染み込ませ、洋服の目立たない場所に塗布する
  3. 3. 5分程度放置する
  4. 4. 変色がないか確認する

 

このテストで変色してしまった場合には、白い洋服であっても塩素系漂白剤を使うことはできません。色が変わったり、その他異常があったりした場合には、自宅でのシミ抜きはせずにプロのクリーニング店に依頼することをおすすめします。このテストの後に変化がなければ、塩素系漂白剤を以下の方法で使うことができます。

 

つけ置きの場合

  1. 1. おけに規定量の水と漂白剤を入れる
  2. 2. 5~30分程度つける
  3. 3. しっかりとすすぐ
  4. 4. 干す
    ※2時間以上つけ置きしないことに注意

 

洗濯機洗いの場合

  1. 1. 洗濯物を洗濯機に入れる
  2. 2. 洗剤と一緒に規定量の漂白剤を入れる
  3. 3. 通常通りに洗濯機を回し、干す

酵素系漂白剤を使う

酵素系漂白剤はお湯に溶かすことで酸素の泡を発生させ、汚れを浮かして取り除きます。

 

酵素系漂白剤がおすすめのシミ

  • シャツに付いた黄ばみや黒ずみ
  • 色柄物の洋服に付いたシミ汚れ
  • 生乾きのイヤな臭い
  • 泥汚れ

 

塩素系の漂白剤と比べて刺激の少ない成分でできているため、色柄物の洋服に使っても色落ちする心配がなく、扱いやすいでしょう。

 

酵素系漂白剤で洗える衣類

  • 色柄物
  • 水洗いできる素材

 

塩素系漂白剤のように、事前のテストも特に必要ありません。

 

つけ置きの場合

  1. 1. おけに規定量の水と漂白剤を入れる
  2. 2. 5~30分程度つける
  3. 3. しっかりとすすぐ
  4. 4. 干す
    ※2時間以上つけ置きしないことに注意

 

洗濯機洗いの場合

  1. 1. 洗濯物を洗濯機に入れる
  2. 2. 洗剤と一緒に規定量の漂白剤を入れる(柔軟剤も使用可)
  3. 3. 通常通りに洗濯機を回し、干す

 

シミ抜き専用洗剤を使う

シミ抜き専用の洗剤は、落としたい汚れやシミに直接塗布して使うもので、洗濯機や手洗いの前処理として使用するといいでしょう。シミ抜き専用の洗剤にはリキッドタイプとスプレータイプのものがあります。

 

シミ抜き専用洗剤の使い方

  1. 1. シミ抜き専用洗剤を汚れやシミに直接塗布する
  2. 2. 優しく衣類に揉み込む
  3. 3. 通常通り、洗濯機洗い(手洗い)する

 

襟元や袖口の皮脂汚れや、子供の食べこぼしなど頑固な汚れに対応しています。水洗いができない衣類には適していませんが、普段自宅で洗っている衣類であれば、色柄物も洗うことができます。また製品によっては、持ち運び用のコンパクトなものが販売されているため、外出先での応急処置にも便利です。

台所用洗剤を使う

台所用洗剤は油汚れに適した界面活性剤が入っているため、油溶性の汚れにおすすめです。洗濯洗剤の代わりに使うのではなく、洗濯前の前処理剤として使いましょう。

 

台所用洗剤がおすすめのシミ

  • 油溶性のシミ

 

台所用洗剤で衣類のシミを落とす方法

  1. 1. 汚れが気になる部分を水で濡らす
  2. 2. 台所用洗剤を直接塗布する
  3. 3. 優しく揉み洗いする
  4. 4. すすいで通常通り、洗濯機洗い(手洗い)する

 

日光に当てて乾かす

いろいろな方法を試してもなかなか落ちなかったシミが、天日干しすることで汚れが落ちることがあります。これは日光に含まれる紫外線によって色素が分解されるためです。例えば、カレーやコーヒーなどの頑固なシミが、日光に当てることで色が落ちることもあるのです。洗濯表示を確認し、天日干しできる衣類であれば洗濯後は日陰ではなく太陽に光に当たる場所で乾かしてみてください。

シミ抜きのポイント

クリーニングポイント

シミ抜きを行うときは以下のことに気を付けましょう。

  • できるだけ早くシミ抜きする
  • 生地に合ったシミ抜きをする

 

できるだけ早くシミ抜きする

衣類に付いたシミは時間が経てば経つほど落ちにくくなるため、できるだけ早く対応することが大切です。外出先など洗濯洗剤がないような場所で、シミが付いてしまった場合でも応急措置をすることで、帰宅後の汚れの取れ方が変わってきます。

 

外出先でシミが付いたときの応急措置

  1. 1. 乾いたティッシュペーパーをシミの裏に当てる
  2. 2. 湿らせたティッシュペーパーにハンドソープや石鹸を少量付ける
  3. 3. 表から擦らずに優しく押さえる
  4. 4. 湿らせた別のティッシュペーパーで石鹸を落とす
  5. 5. 最後に乾いたティッシュで水分を取る

 

ティッシュペーパーを湿らせるときは、水分量が多いとシミが広がるため少し湿らす程度にとどめましょう。またシミの中心から押さえると輪ジミになる可能性があるため、シミの端から押さえていくよう意識してください。

生地に合ったシミ抜きをする

衣類によっては自宅で染み抜きができないものがあるため、使用する洗剤と衣類の洗濯表示をしっかり確認しましょう。基本的に水洗いができない衣類や、ドライマークが付いているものは、クリーニング店に依頼するようにしてください。シルクやレーヨンなど繊細な衣類を無理に自宅でシミ抜きをすると、色落ちや縮みの原因となるため、注意が必要です。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

うっかり付いてしまった衣類のシミも、シミの成分をしっかり確認し、シミと衣類に適した洗剤を選ぶことで自宅でも取り除くことができます。

また外出先でシミを付けてしまった場合でも、早く対処することで帰宅後の洗濯でシミを落としやすくなります。いろいろな洗剤がありますが、塩素系漂白剤を使うときは衣類を傷める可能性が高いため、事前のチェックを欠かさないようにしましょう。

また自宅でのシミ抜きが難しいそうだと判断した場合は、無理をせずにプロのクリーニングにお任せすることをおすすめします。

上部へ戻る