リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

スーツのクリーニングにかかる日数と最適な頻度|当日に受け取ることはできる?

スーツをクリーニングに出す場合、どの程度日数がかかるのでしょうか。仕事用や就活用のスーツは、すぐに必要になることもあります。ここでは、スーツのクリーニングにかかる日数について種類ごとにご紹介し、クリーニングに出す頻度の目安などについてもまとめています。

【送料無料】汗をかいたら早めにクリーニング!つめて送るだけのかんたんサービス

汚れたり、汗をかいたりしたスーツは、早めにクリーニングに出すことでキレイに長持ちします。

忙しいサラリーマンには、24時間ネットで注文できる宅配クリーニングがおすすめ。

スーツを詰めて送るだけで新品のようになって戻ってきます

宅配クリーニング

スーツのクリーニング所要日数

クリーニング日数

スーツのクリーニングにかかる日数は、通常3~5日程度が目安です。スーツには以下の種類があります。

・仕事用のスーツ
仕事用のスーツはビジネススーツと呼ばれ、ネイビーやグレーの無地、あるいはストライプの生地がビジネスシーンに向いています。一般的にはチェック柄はカジュアルなので、ビジネスシーンには向いていません。ダブルのスーツは主に役職者向きです。

・就活用のスーツ
就活用のスーツは、リクルートスーツと呼ばれます。黒や紺、濃いグレーの無地が主流で、一般的に仕事用のスーツよりも耐久性が低い生地が使われていることが多いため、低価格です。

・結婚式用のスーツ
結婚式用のスーツは礼服としてのブラックフォーマルスーツのことを言い、一般的な黒のスーツより深い黒色なのが特徴です。

・ズボンやスカートのみ
単品で販売されているスラックスなどのズボンやスカートです。

仕事用のスーツ

仕事用スーツのクリーニングにかかる日数は、1~5日程度が目安です。夏に汗染みなどが気になる場合など、オプションでウェットクリーニングも併せて依頼した場合には1週間程度かかることもあります。

就活用のスーツ

就活用のスーツのクリーニングも、1~5日程度が目安です。ウェットクリーニングには通常1週間程度かかります。就活用のスーツを1着しか持っていない場合、ウェットクリーニングを依頼するのは就活スケジュールに余裕があるときにしましょう。

結婚式用のスーツ

結婚式などに用いる冠婚葬祭用のスーツの礼服のクリーニングにかかる日数は、1日~1週間程度が目安です。店舗によって礼服は個別にクリーニングを行うため、一般的なスーツよりも日数がかかることがあります。

ズボンやスカートのみ

ビジネスカジュアルの職場やクールビズの季節などでは、スーツではなく、ズボンやスカートのみを着用することもあります。ズボンやスカートのみをクリーニングに出す場合も即日~5日程度が目安ですが、ウェットクリーニングなどのオプションをつける場合は1週間程度かかることがあるので注意が必要です。

急ぎのスーツクリーニングの所要日数

スーツを急ぎでクリーニングに出す場合、即日仕上げに対応しているクリーニング店もあります。ただし、いつ出しても即日で仕上がるわけではありません。店舗によって締め切り時間に違いがあり、午前中に設定されている店舗が多く、夕方の17~18時頃の仕上がりになります。ただし、ウェットクリーニングやしみ抜きといったオプションをつける場合には、即日仕上げには対応していないのが一般的です。また、クリーニング店は通常よりも急いでクリーニングを行うことになるので、汚れをしっかりと落としたいときには向いていない点にも注意しましょう。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

スーツは何回着たらクリーニングに出す?

スーツクリーニング

夏のスーツは、背中を中心に裏地がカットされた背抜き型と呼ばれているもので、軽量で涼しい反面、型崩れしゃすいという特徴があります。そのため、3日程度のローテーションで着用した場合、汗をよくかく人は5回程度でクリーニングに出すのが目安です。冬のスーツは着用回数に関わらず、基本的には1シーズンに1回のクリーニングが目安となります。

スーツはクリーニングに出す頻度が多いと生地が傷みやすくなります。一方、数回程度しか着ていないスーツでも、汚れが付着したまま保管するとシミやカビ、虫食いなどの原因になるため、シーズンオフになって保管する前にクリーニングに出すことをおすすめします。礼服のように一度着用した後、長期間着ないスーツは、クリーニングに出してから保管するようにしましょう。

スーツクリーニングの出し方

ここでは、スーツをクリーニングの出すときの注意点や流れについてご紹介していきます。

出す前のチェック

スーツをクリーニングに出す前のチェックポイントは以下の通りです。

・ポケットの中に物が入っていないか
店舗でも受付の際にポケットの中をチェックしますが、確認漏れもあり得ます。何か入ったままクリーニングされるとトラブルが起こることがあるため注意が必要です。特に気つけるべきなのはボールペンで、一緒に洗濯したものすべてにインクのシミがついてしまう可能性があります。また、貴重品をポケットに入れたままにして紛失した場合、ポケットに入っていたことの証明が難しいため、トラブルに発展することがあるのです。クリーニングに出す前に、あらかじめポケットに物が入っていないかどうか確認するようにしましょう。

・汚れやほつれがないか
クリーニング店で気づきにくい汚れもあるため、受付のときに伝えておきましょう。しみ抜きは店舗によって無料で対応する範囲が異なり、別料金となる場合もあります。また、ほつれや破れに気づかないままクリーニングをしてしまうと、範囲が広がってしまってトラブルになりかねません。店舗によっては、ほつれや破れの補修を依頼することも可能です。スーツの状態をよく確認してから、クリーニングに出しましょう。

出すときのポイント

スーツをクリーニングに出すときは、ジャケットとズボン、スカートなどを上下で揃えてクリーニングに出すのがポイントです。特に夏物の場合、ジャケットはズボンやスカートよりも着用頻度が低いかもしれません。しかし、ズボンやスカートのみをクリーニングに出していると、費用は抑えられる反面、色合いや風合いが上下で違ってきてしまうので注意が必要です。

店舗と宅配の出し方の違い

スーツをクリーニングに出す際には、街中にある店舗型クリーニング店以外にも、宅配型クリニーング店を利用するという選択肢もあります。スーツをクリーニングに出すときの流れを、店舗型クリーニング店と宅配型クリーニング店に分けて紹介します。

・店舗型クリーニング店
店舗型クリーニング店にスーツを出す場合は、スーツを持って店舗に行きます。初めて利用する場合はその旨を伝えると、会員登録やポイントカードの作成などの案内が行われる店舗が多いです。次に、スーツなどクリーニングに出したい衣類を渡して、汚れやほつれがある場合はあらかじめ伝えておきます。しみ抜きやウェットクリーニング、撥水加工などのオプションは必要に応じて依頼しましょう。そして、仕上がり日を確認して、即日仕上げなど急ぎで依頼したい場合はその旨を伝えます。納期を確認した後に料金を支払い、伝票を受け取って受付終了です。

・宅配型クリーニング店
宅配型クリーニング店にスーツを出す場合、まずインターネットでコースやオプションを選んで申し込みをします。初回利用時に会員登録が必要な店舗が多いです。店舗によって専用の集荷キットが送られてくるケースと、自分で箱を用意するケースがあります。スーツなどクリーニングに出したいものを用意して集荷キットなどを用いて梱包し、指定した日に集荷に来る宅配業者に出して完了です。宅配型クリーニング店なら家から出ることなく、スーツをクリーニングに出すことができます。

スーツクリーニングの料金

料金

スーツのクリーニング料金は1,000~2,000円程度が相場です。一般的なスーツが1,000円程度の料金体系の店舗の場合、礼服は1,300円程度となるなど、礼服のクリーニング料金はやや高めの傾向があります。また、高級ブランドのスーツの場合、店舗によっては4,000~5,000円程度かかることがあるので注意が必要です。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

スーツは適切な頻度でクリーニングに出すことによって長く愛用できます。ポケットの中や汚れ、ほつれの有無を確認するなど、クリーニングに出す前に状態を把握しておくことも大切です。スーツが必要なときに間に合うように、日程に余裕を持ってクリーニングに出しましょう。

上部へ戻る