リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース 家庭用洗濯料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

マフラーのクリーニング料金と頻度|カシミヤやブランドもののマフラーはクリーニングできる?

寒い時期に活躍するマフラーは、どんな服装にも合わせやすく、実用性もかねた便利なアイテムです。そのため複数のマフラーを所持している人も多いのではないでしょうか。しかしデリケートな素材が多いマフラーは、どのように洗ったらいいのかわからない方も多いものです。そのため間違った洗い方をして縮めてしまった人もいるかもしれません。

そこで今回はマフラーをクリーニングする頻度や料金、最適なタイミングについて紹介します。また自分で洗濯をする方法についてもまとめましたので、マフラーをきれいに保ちたい人や次のシーズンも着けたい人は、参考にしてみてください。

送料無料!最大12ヶ月の保管サービス!ネットで簡単注文!

「宅配クリーニング」と聞くと、仕上がりや対応に不安を感じる人も多いかもしれません。ですが保管宅配クリーニングのリコーベでは、熟練の職人が自身のプライドにかけて、“絶対の品質”と“絶対的なサービス”を約束しています。ぜひ一度、その職人の妙技を感じてください。

無料会員登録

マフラーのクリーニング料金

マフラーのクリーニング料金

マフラーのクリーニング方法は大きく分けて通常の水洗いとドライクリーニングの二つに分けられます。これらは素材によって変わるため、その分料金も変動します。ここでは素材別にマフラーの料金をまとめました。お店によってはそれ以上の費用がかかることもありますので、あくまでも目安として覚えておいてください。

・ウール
・カシミヤ
・毛皮
・シルク

ウールのマフラー

カシミヤのような高級素材の場合は、他の素材と比べて別コースや追加料金での対応となることがほとんどです。多くの場合は1,000~1,300円前後が相場となっていますが、お店によってはそれ以上かかる場合もあります。

カシミヤのマフラー

カシミヤのマフラーのクリーニング料金の相場を紹介してください。
カシミヤのマフラーの特徴を説明してください。
サイズやデザインなどで料金が変わる場合は、その旨も説明してください。

毛皮のマフラー

毛皮のマフラーの料金は一般的な毛糸のマフラーと違って高額になりやすい傾向です。また、毛皮となる動物の種類によっても金額は異なります。ウサギやヤギといった毛皮であれば3,000円前後の相場となりますが、ヒョウやミンクのような高級な毛皮であれば5,000~7,000円以上かかる場合もあります。

シルクのマフラー

シルクのマフラーもカシミヤと同じように別料金での対応となるケースがほとんどです。お店にもよりますが、1,000~1,300円前後が一般的な相場です。

ブランドマフラーのクリーニング料金

ブランドマフラーのクリーニング料金

ルイヴィトンやバーバリーといった高級ブランドのマフラーは、高級素材のマフラーと同じように別コースや追加料金での対応となる場合があります。これらの料金はお店が設けた基準によって異なりますが、多くの場合は1,000円以上が相場となっています。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

手編みのマフラーはクリーニングできる?

手編みマフラークリーニング

洗濯表示のない手編みのマフラーでもお店によってはクリーニングが可能です。アクリルの毛糸であれば水洗いも可能ですが、手編みのマフラーで幅広く使用されるウールやカシミヤは、基本的には洗濯機や水洗いには向いておりません。そのため型崩れやマフラーの縮みが不安な方は、ドライクリーニングを選ぶと安心です。

マフラーをクリーニングにかかる日数

マフラークリーニング日数

マフラーのクリーニング日数はお店によって異なりますが、多くの場合は5~7営業日での対応となっています。しかし店舗によっては即日で対応しているところもあるため、あらかじめ確認したうえでお願いするとスムーズです。また、カシミヤのような高級素材の仕上がり日数は、通常マフラーと比べて手間がかかる分、上記日数から2〜3日程度伸びる場合があります。

マフラーをクリーニングに出す頻度

マフラーをクリーニングに出す頻度

繊細な素材でできているマフラーのクリーニングは、できるだけ最低限の回数で済ませたいものです。着用の頻度にもよりますが、基本的にはワンシーズンごとに出すことを心がけてください。もちろん汚れやにおいが目立つのであれば、目安の頻度に関係なくお願いすることがのぞましいです。

もしきれいに見えていても、目に見えない汚れが付いていることも珍しくありません。あまり着けていないからといって、次のシーズンまでしまっておくと、知らない間ににおいや黄ばみが発生する原因にもなります。そのため保管する前には、必ずきれいにしてからしまうようにすることが望ましいです。

クリーニングに出すタイミング

クリーニングに出すタイミング

マフラーをクリーニングに出すべきタイミングは、使用方法や着用する頻度によって異なります。マフラーは直接肌に触れるため、ほかの衣類よりも比較的汚れやすいアイテムです。そのため、汚れやしみが目立ち始めたタイミングでお願いするときれいに保つことができます。

また、丁寧に使用していても目に見えない汚れや毛玉が発生することがあります。クリーニングのオプションサービスでは毛玉取りを行っているところもあるため、毛玉が気になりだしたタイミングで依頼することもおすすめです。

マフラーは自分で洗濯できない?

マフラー洗濯

マフラーをきれいにしたい方のなかには、自分で洗濯をしたいと考える人も多くいます。マフラーの種類によって洗濯できるものもありますが、基本的には水を吸うと縮んでしまうため難しい場合が多いです。洗濯ができるかどうかは、マフラーのタグに記載されている洗濯表示によっても確認できます。もし選択を検討しているのであれば、事前に確認しておくと安心です。

マフラーを自宅で洗濯する方法

マフラー自宅洗濯

洗濯ができるマフラーであっても、間違った洗い方をすると型崩れやマフラー自体の寿命を縮める原因となります。もし自宅で洗濯するのであれば、以下の手順を参考にしてください。

1. 洗濯表示をチェック
2. 手洗いor弱いコースで洗濯機へ
3. 洗濯機ですすぎ・脱水する
4. 型崩れしないように干す

 

1.洗濯表示をチェック

正しい方法で洗濯ができるように、洗う前には必ず洗濯表示が付いているか確認しておくとスムーズです。洗濯表示は基本的にマフラーのタグに記載されています。表示内容によっては、手洗いの必要性や洗濯自体ができるかどうかも判別可能です。ほかにも洗濯表示には、最適な水の強さや水温についても記載されています。デリケートな素材でできているマフラーは、このような指示をしっかりと守ることで、安全に汚れを落とすことができるのです。

また、タグにはマフラーの素材についても併記されている場合があるため、洗濯表記と併せて水に強い素材かどうかを確認しておくとスムーズです。もし洗濯禁止だった場合は、無理に洗おうとはせずにクリーニングを検討するようにしましょう。

2.手洗いor弱いコースで洗濯機へ

洗濯機の使用が可能であっても、標準コースで洗うことは避けておくと無難です。洗濯機で洗う際は、比較的刺激の少ない手洗いコースや弱水流コースで洗うと、ダメージを軽減することができます。

マフラーを洗濯機に入れる際は、洗濯ネットを使用することで型崩れやほかの衣類との接触を防ぐことが可能です。その際はマフラー先端のフリンジ部分を内側に折り込み、ネットの大きさに合わせて畳んでから入れると、ネットの中で絡まるリスクが減らせます。

また、洗剤はおしゃれ着用のタイプを使用すると、過度な洗浄力を抑えて優しく洗い上げることができます。おしゃれ着用洗剤の多くは中性洗剤となっているため、マフラーが縮むリスクが減らせることも特徴です。洗剤によってはマフラーとの相性もあるため、事前に目立たないところで試しておくと失敗せずに洗うことができます。

3.洗濯機ですすぎ・脱水する

すすぎや脱水は基本的にコース通りに行っても問題ありませんが、脱水の時間を10秒程度早めにすることで生地の負担を減らすことができます。もちろんその分乾く時間が長くなるため、しっかり乾かすように心がけてください。

また、柔軟剤を使用することで静電気を抑え、よい香りで仕上げることができます。柔軟剤は普段使用しているものでもそのまま使うことが可能です。おしゃれ着用の洗剤の中には、すでに柔軟剤が含まれているものもあるため、過剰に入れすぎないようにあらかじめ確認しておきましょう。

4.型崩れしないように干す

干す際も洗濯の時と同様に洗濯表示に従って行ってください。洗濯によるしわは、干す前に軽くたたくことできれいに干すことができます。乾かす際は二本の物干しざおの間にM字を作ることで、そのまま干すよりも早く乾かすことが可能です。

また直射日光に当てると色あせや変色の原因となるため、必ず日陰に干すようにしてください。編み目が荒いマフラーを干す場合は、通常のものと比べて伸びやすいため、平干しネットを使用する方法がおすすめです。洗濯後のマフラーは水を含んでおり、普段より重くなっているため、干す際は慎重に取り扱いましょう。

乾いた後はスチームアイロンをかけると、より細かなしわが取れ、繊維の引っかかりも防げます。マフラーの種類によっては、あて布を使用することで生地のダメージを軽減させることが可能です。フリンジの部分のお手入れは、洋服用のブラシを使ってなぞることで優しくまっすぐにすることができます。

マフラーをクリーニングに出した方がいい理由3つ

マフラーをクリーニングに出した方がいい理由3つ

素材によっては洗濯機で洗えるマフラーもありますが、実際に洗うとなるとやはり難しいと感じる人も多いかもしれません。マフラーをクリーニングに出したい理由としては以下の三つ内容が挙げられます。

・皮脂やほこりで汚れやすい
・汚れたまま使うとニキビや肌荒れの原因になる
・自分で洗濯すると失敗しやすい

皮脂やほこりで汚れやすい

マフラーは肌に直接触れるため意外と汚れやすいものです。ほかにもマフラーが汚れる理由としては以下の原因が考えられます。

・汗や皮脂
寒い時期であっても首元は意外と汗をかきやすい部位です。そのためマフラーに汗や皮脂が付いてしまい汚れの原因となります。寒暖差によっていつの間にか乾いていることも多いため、知らない間にマフラーが汚れていたというケースも珍しくありません。

これらの汚れは水溶性なので比較的落としやすいのですが、時間が経てば黄ばみや黒ずみとなり、落ちにくくなります。もし水洗いができないのであれば、定期的にクリーニングを行うことで汚れの予防が可能です。

・ファンデーションや口紅
化粧品がマフラーに付着してしまうことが原因なので、特に女性が注意したい汚れです。出かける前には汚れていなくても、化粧直しやマフラーの巻き直しが原因で汚れてしまう場合があります。一度付いてしまうとなかなか落ちにくいため、普段から気を付けることが求められます。もし汚れてしまった場合は、自宅では落としにくいためクリーニングを検討してください。

・食べかすや飲み物のしみ
口の周りに近いマフラーは、着けたまま飲食を行うことで汚れやすくなります。そのため室内であれば外してからの飲食をするようにしましょう。ほとんどの汚れは水溶性なので比較的落ちやすいのですが、時間が経てばその分落ちにくくなるため、汚れてしまったら早めの対処が望ましいです。

・ほこりや花粉
一見汚れていないように思えても、見えないほこりや花粉が付いているケースがあります。特に冬場は静電気が起きやすいため、これらの汚れが付きやすい傾向です。放っておくとそのまま吸い込んでしまうケースもあるため、ほこりが苦手な方や花粉症の方であれば、定期的なクリーニングを行い対策しましょう。

汚れたまま使うとニキビや肌荒れの原因になる

汚れたマフラーをそのまま首に巻いていると、雑菌が繁殖しやすくなり、肌にも悪影響を与える場合があります。特にあごやフェイスラインは直接マフラーに触れる部分なので、場合によってはニキビや肌荒れの原因になります。もしマフラーが当たる部分の肌トラブルが気になるようであれば、定期的にクリーニングすることである程度はトラブルを防止することが可能です。

自分で洗濯すると失敗しやすい

デリケートな素材が多いマフラーは、洗濯が可能でも正しい洗い方でなければ、寿命を縮めてしまいます。そのため、自分で洗うことに躊躇している人が多いことも実情です。主な失敗例としては以下の内容が挙げられます。原因とともにチェックしてみてください。

・型崩れ
マフラーの繊維が水によってばらばらになり、全体の形が崩れてしまう症状です。原因は洗濯不可のマフラーを水で洗ってしまっただけでなく、干し方によっても型崩れが起きてしまいます。一度型崩れが起きると自力での修復は難しいため、型崩れが起きる前にクリーニングをお願いするのも方法です。

・伸び縮み
型崩れと同じ理由でマフラーの一部が伸び縮みしてしまう症状です。洗濯が可能なマフラーであっても、洗い方や干し方で形が変わってしまう場合があります。伸び縮みを防ぐためには、洗濯ネットの利用や平干しを行うことで抑えることができます。

・色落ちや変色
マフラーを干す際に直射日光に当ててしまうと、色落ちや変色の原因となります。そのため干す際は日陰に干すように心がけてください。また洗剤の相性が悪いと色移りの原因にもなります。

自分で洗うのが面倒な人や失敗したくない人は、専門の業者にクリーニングをお願いすると便利です。素材によってクリーニングの方法が変わるため、気になった方は事前に問い合わせておくとスムーズにお願いできます。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

クリーニングの費用はマフラーの素材によって異なりますが、オプションサービスで消臭や防虫加工を施すこともできます。詳細な金額や具体的なサービスはお店によって異なりますので、クリーニングを検討している人は、まず問い合わせてみましょう。やはり、マフラーを自分で洗うことが不安な方や洗濯不可のマフラーをきれいにしたい場合は、クリーニングにお願いする方法が最適です。リコーベではマフラーのクリーニングも受け付けているため、気になった方はぜひ検討してみてください。

上部へ戻る