リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

カテゴリー

新着情報

記事一覧

クリーニングに出す頻度はどれくらいが最適?衣類別に注意点と合わせて解説

皆さんが普段着用している衣類の中には、ご家庭での洗濯が難しいもの、面倒くさいものがあるかと思います。そういった衣類はクリーニングに出すケースが多いでしょう。では、どのくらいの頻度でクリーニングに出せばいいのでしょうか。今回は衣類別にクリーニングの頻度と注意点について解説いたします。

スーツをクリーニングする頻度

 

 

 

 

 

スーツを毎日のように着られる方も多いと思います。そんなスーツはどのくらいの頻度でクリーニングに出すのがいいのでしょうか。スーツの着用状況によっても変わりますが、おおよその目安についてご説明いたします。

季節によって変わるクリーニングに出す頻度

基本的には1シーズンに1回はクリーニングに出すようにしましょう。スーツはあまり洗いすぎてしまうと、生地や縫製の消耗を早めてしまいます。ただ、スーツは皮脂や汗、ホコリといったものにさらされています。そのため汗や臭いが気になる場合は、もっと多くの頻度でクリーニングに出す必要があります。特に汗をかきやすい夏に着るスーツは、冬に着る場合と比較して汚れが多いので、クリーニングに出すのは2週間に1度くらいの頻度で出すようにするといいでしょう。

クリーニングに出す際の注意点

クリーニングに出す際には、ポケットの中にボールペンや小物が入っているかチェックしましょう。クリーニング店でもチェックはしますが、見逃して汚れがついたり、破損したりする可能性もあります。内ポケットやお尻のポケットなどは見落としがちですので注意してください。
また、シミや汚れがあるなら、クリーニング店に伝えましょう。また、ほつれや破れ、ボタンが取れかけているといった点は、クリーニング中に破損する恐れもあるのでお店に伝えた方がいいでしょう。

ワイシャツをクリーニングする頻度

 

 

 

 

 

ワイシャツを毎日着る方も多いと思います。清潔感のあるワイシャツを着るには、黄ばみやシミなどをしっかり落としたいところですが、洗濯機ではなかなか落ちにくい場合もあります。そういった場合にクリーニングに出してきれいに落としてもらいましょう。また、クリーニング店に出すことでアイロンがけの手間も省けます。

ワイシャツをクリーニングに出す頻度は?

ワイシャツをクリーニングに出す理想の頻度は「1度着用したらすぐに出す」です。首周りの汚れや汗などは洗濯機では落としきれないケースがあります。汚れが重なっていくと落ちにくくなるので、できるだけ早いタイミングでクリーニングに出すのがいいでしょう。
ただ、クリーニングに出すとワイシャツにダメージが蓄積します。ワイシャツを長く着ることを考えると、1度の着用後は自宅の洗濯機で洗い、クリーニングに出すのは1か月に1度くらいの頻度というのがいいのではないでしょうか。

クリーニングに出す前にチェックしておくこと

ワイシャツをクリーニングに出す前には、胸ポケットに何も入っていないか確認してください。たまにあるケースとしてはボールペンが差しっぱなしでクリーニングしてしまい、インク漏れが発生してしまうことがあります。
また、ボタンがちゃんとついているかも確認しましょう。ボタンが取れかかっていることに気づかずクリーニングに出したら、ボタンが取れていたということがあるかもしれません。そういったことをなくすためにも、ちゃんと確認するようにしましょう。

コート・ダウンジャケット類のクリーニング

 

 

 

 

 

 

 

冬の定番アイテムである、コート・ダウンジャケット。自宅の洗濯機で洗うのは難しいでしょう。しかし、冬場の着用機会も多く、汚れなども気になるところです。では、どのくらいの頻度でクリーニングに出したらいいのでしょうか。

コートをクリーニングに出すタイミング

結論から言えば、コート・ダウンジャケット類についてはワンシーズンに1回はクリーニングに出すようにしてください。出すタイミングとしてはシーズン終わりの時期に出すのがいいでしょう。一見汚れが目だた」なかったとしても、冬の間にコートはかなり汚れています。これを放置してしまうと、汚れが落ちず変色したり、下手をすればカビなどが生えたりする可能性もあります。
また、シーズン中でもコートに汚れやシミがついてしまったら、できるだけ早くクリーニングに出しましょう。汚れが付着した状態で放置すると、繊維にこびりついて落ちにくくなるので注意が必要です。

コートをクリーニングする際に気を付けること

コートにはフードやベルト、ライナーなど取り外せる付属品が付いているケースがあります。付属品のクリーニング頻度は風合いや色あせなどの観点から同時にお洗いすることをおすすめ致します。
当然、ポケットの中には注意しましょう。ハンカチや貴重品など紛失してしまったり、ティッシュなどが散らばってしまったりなどの危険性があります。
また、ほつれなどがあるとクリーニングをした場合に、痛みが悪化するケースもあるので、注意が必要です。

セーターをクリーニングする

 

 

 

 

 

冬場の定番アイテムであるセーターを自宅で洗うか、クリーニングに出すか迷われる方も多いのではないでしょうか。これはセーターの素材によって自宅で洗濯できるか変わってきますので、洗濯表示には注意しましょう。

セーターをクリーニングするタイミングは?

クリーニングに出す必要がある素材としてはウールやカシミヤなどのデリケートな天然素材が挙げられます。これらは水洗いが不可であったりするため、クリーニング店でドライクリーニングしてもらうのがいいでしょう。
クリーニングに出す頻度としては、着用する頻度にもよりますが、1シーズンに1~2回が目安となります。よく着るセーターなどは、袖口の汚れや毛玉などが気になったらクリーニングに出すといいでしょう。

セーターのクリーニングで注意することは?

セーターをクリーニングに出す場合、目立つ汚れやほつれがないか確認しておきましょう。クリーニング店でもチェックはしてくれますが、ご自分で把握しておくことも必要でしょう。

まとめ

クリーニング店に出すことで、洗濯機では落としにくい脂汚れがきれいにできたり、衣服が縮みにくかったりするなどメリットは非常に大きいです。ご自分でクリーニング店に持っていくのが面倒くさい人は、インターネットから申し込みができ、集荷・お届けを宅急便にお任せできる宅配クリーニングサービスもあります。リコーベでも宅配クリーニングサービスを提供していますので、ぜひご検討ください。

上部へ戻る