リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

宅配クリーニングのメリットとデメリット|仕組み・品質・料金などの特徴から長所と短所をご紹介!

従来クリーニングといえば実店舗に持って行くのが当たり前でしたが、最近では宅配便を利用して受け渡しをする宅配クリーニングも利用されるようになってきました。宅配クリーニングは従来からある店舗型クリーニングと比較して、使い勝手に違いはあるのでしょうか。ここでは、宅配クリーニングの特徴について、メリットやデメリットとともにご紹介します。

送料無料!最大12ヶ月の保管サービス!ネットで簡単注文!

「宅配クリーニング」と聞くと、仕上がりや対応に不安を感じる人も多いかもしれません。ですが保管宅配クリーニングのリコーベでは、熟練の職人が自身のプライドにかけて、“絶対の品質”と“絶対的なサービス”を約束しています。ぜひ一度、その職人の妙技を感じてください。

無料会員登録

宅配クリーニングサービスの特徴

サービスの特徴

宅配クリーニングとは、インターネットなどから申し込みをすると、宅配業者が自宅まで衣類の集荷に来て、工場でクリーニングが行われた後、宅配業者が自宅まで届けるというサービスです。宅配クリーニングの料金体系は、店舗型クリーニングと同様に1点ごと種類によって料金が決められているケースもありますが、5点パックや10点パックといった形でまとめてクリーニングに出す際に便利なパック料金が設定されているケースが多いのが特徴です。

宅配クリーニングだと仕上がりが心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、業態によってクリーニング方法が異なるわけではなく、個々の業者の作業工程や技術力の違いによります。

宅配クリーニングを利用するメリット

クリーニングメリット

宅配クリーニングを利用するメリットとして、次の4つが挙げられます。

  • 衣類を持ち運ぶ必要がなく受け取りも楽
  • 24時間申し込みが可能
  • 料金が安い
  • 料金設定が明確

宅配クリーニングは衣類をお店まで運ぶ手間がかからず、24時間インターネットから申し込みできるため、都合のよいときに集荷などを依頼できます。また、パック料金の場合は衣類の組み合わせによってお得になることもあり、料金が明確なこともメリットです。

衣類を持ち運ぶ必要がなく受け取りも楽

宅配クリーニングは、自分でクリーニング店まで足を運んで衣類を持ち込み、仕上がった後に受け取りに行く手間がからないことが大きなメリットです。1回クリーニングを出すためにクリーニング店まで、2度も足を運ばなければならないのは手間がかかるだけでなく、店舗が遠ければ時間も要します。特に冬物の衣替えのシーズンなど、クリーニングに出す衣類がかさばるときは持ち運び自体大変です。また、雨の日や風が強い日、猛暑や冬の寒い日など、家から出ることを躊躇したくなる日でも、宅配クリーニングなら自宅にいながらクリーニングに出したり、受け取ったりできるので便利です。

24時間申し込みが可能

宅配クリーニングはインターネットから24時間申し込みが可能であり、都合の良い日時を指定して、集荷や受け渡しに来てもらえることもメリットに挙げられます。

従来の店舗型クリーニングを利用する場合は、お店の休日を避けて営業時間内に足を運ばなければなりません。そのため、仕事をしていてなかなか休みがとれなかったり、帰りが遅くなる日が多かったりすると、なかなかクリーニング店に行く時間がとれないのが現実です。

宅配クリーニングなら、例えばスマートフォンで会社の昼休みに依頼して、休日など家にいる時間に集荷に来てもらうようにすることもできるので、効率的です。

料金が安い

宅配クリーニングはパック料金を採用している業者の場合、クリーニングに出す衣類の組み合わせによっては、店舗型クリーニングよりも料金が安くなります。1点あたりのクリーニング料金が高い衣類を出すときほど、宅配クリーニングはお得です。

店舗型クリーニングに出したときの料金、コートは1,200~3,000円程度、ダウンコートは2,000~3,000円程度が目安です。衣替えの時期に、家族分のコート4着、ダウンコート4着を出したら、8着で14,000円かかってしまいます。

一方、例えば宅配クリーニングのリコーベなら10点コースというパック料金は12,000円です。コートとダウンコートを合わせて8着に加えて、さらにスカートなどを2点出しても店舗型クリーニングよりも安くなります。15点コースは17,000円で10点コースよりもさらに1点あたりの料金が安く、まとめて出すほどお得です。

料金設定が明確

宅配クリーニングの中でもパック料金の場合は、料金設定が明確なこともメリットに挙げられます。店舗型クリーニングの場合、アイテムごとの料金を把握していなければお店に行くまでいくらかわかりません。また一口に「カーディガン」といってもロングタイプだと割増料金になったり、ジャケットのつもりで出してもコートと判断されたりするケースもあります。

その点、パック料金の場合は5点パックや10点パックといった規定の点数で料金が決まっているため、衣類のタイプを問わず料金が明確です。1点の数え方は業者によって異なるものもありますが、アイテムの数え方がホームページに載っていることが多いです。ジャケットでもコートでもどちらも1点というカウントであれば、何に該当するのか心配する必要もありません。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

宅配クリーニングを利用するデメリット

メリットの多い宅配クリーニングですが、一方でデメリットとしては次の3点が挙げられます。

  • 細かい希望が伝わりにくい
  • 即日受け取りができない
  • 送料がかかる

宅配クリーニングは宅配業者を介して衣類の受け渡しをするという特性から、クリーニングに関する細かな要望が伝わりにくい点がデメリットです。また、配達の日数がかかるため、即日受け取りには対応しておらず、送料がかかるという点もデメリットと言えるでしょう。

細かい希望が伝わりにくい

店舗型クリーニングでは直接受付スタッフに衣類を渡すため、汚れが気になる箇所を伝えたり、シミ抜きや汗抜きなどのオプションをつけた方が良いかといった点を相談したりできます。一方、宅配クリーニングの場合は宅配業者が衣類を集荷するためクリーニング業者のスタッフと直接顔を合わせる機会はなく、細かい希望が伝わりにくい点がデメリットです。

ただし、宅配クリーニングでも検品を丁寧に行っている業者であれば、クリーニングを出す際に細かな希望を伝えられなくても、衣類の状態に応じた洗い方で対応してもらえることが期待できます。また、宅配クリーニングはシミ抜きを無料で行う業者が少なくありません。そうした業者であればオプションでつける必要がないのでお得です。また、ホームページにお問い合わせフォームを設けている業者が多いので、気になる点があれば事前に相談できます。

即日受け取りができない

宅配クリーニングは宅配業者による配送の日数がかかるため、店舗型クリーニングよりも受け取りまでの日数がかかります。そのため、店舗型クリーニングでは朝出したら夕方に仕上がる即日仕上げを取り扱っているお店が多いですが、宅配クリーニングでは対応できません。

受け取りを急いでいるときに宅配クリーニングを利用したい場合には、受け取り可能な日を確認することが大切です。また、礼服や制服など着用する日が決まっている衣類については、日数の余裕がない場合、店舗型クリーニングを利用する方が無難です。

送料がかかる

宅配クリーニングは、店舗型クリーニングとは異なり、宅配業者を利用するため、送料がかかるケースがあることもデメリットです。特に1点ごと種類によって料金が決められている料金体系の場合、クリーニングに出す点数が少ないほど、送料の分1点あたりのクリーニング料金が割高になってしまいます。

ただし、点数が多い場合やパック料金の場合は送料無料のケースがあります。たとえば、リコーベの場合は5点コース、10点コース、15点コースというパック料金が設定されており、送料は無料です。送料無料のサービスを提供する宅配クリーニング業者を利用すれば、割高になることはありません。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

宅配クリーニングにはメリットもデメリットもありますが、まとめて衣類をクリーニングに出したいときほど、料金が割安になり、重い荷物を持ち運ぶ手間も省けて便利です。少量の衣類を急いで出したいときは店舗型クリーニング、衣替えの時期など大量の衣類を出したいときは宅配クリーニングを利用するなど、上手に使い分けましょう。

上部へ戻る