リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース 家庭用洗濯料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ワイシャツクリーニングの値段は?料金相場や大手業者の料金相場一覧

ワイシャツクリーニングの値段を、大手業者の公式ページを1つ1つ確認してまとめています。
料金相場が知りたい人は参考にしてみてください。他にも店舗型クリーニングと宅配型クリーニングの料金の違いなども記載しています。

大手クリーニング業者のシャツ料金比較一覧

ワイシャツ料金

ワイシャツクリーニングの料金は、業者によって異なります。店舗型の大手クリーニング業者10社の料金を一つずつ調査してまとめました。
2021年7月時点の料金は以下のようになっています。ただし、店舗や時期によって相場は異なるため、あくまで参考程度にご覧ください。

ホワイト急便 160円~
ポニークリーニング 242円~
カーニバルクリーニング 160円~
喜久屋 286円~
クリーニングピュア 150円~
スワロークリーニング 275円~
クリーニングルビー 225円~
タカケンクリーニング 528円~
ノムラクリーニング 360円~
うさちゃんクリーニング 229円~

調査方法は公式ページを確認し、各社5~10店舗ずつ金額を確認しています。
おおよそ160円~250円あたりがワイシャツクリーニングの料金相場
10社確認したところ、だいたい1枚あたり160円~250円くらいが相場と判断できます。

ただし、お店によって値段にばらつきがあるのも事実です。
また、あくまで一般的なコースでの比較のため、シミ抜きや当日仕上げなど急ぎの予定の場合は、金額はもっと高くなります。

店舗型と宅配型で料金が変わる

クリーニングポイント

クリーニング業者は店舗型と宅配型で料金が異なります。それぞれの料金の特徴をまとめます。
店舗型クリーニングとは、実店舗に衣類を持ち込んで、受け取りに行く、いわゆる街のクリーニング店です。
宅配クリーニングとは、宅配便を利用してクリーニングしたい衣類を発送して、クリーニングを終えた衣類を宅配便で受け取るサービスです。

店舗型クリーニングの料金特徴

店舗型の場合は、衣類ごとで1点ずつ料金が決められていることが一般的です。
クリーニング料金は店舗や受け取り期間によって変わりますが、おおよそが以下のようになっています。

ワイシャツ 160円~250円
セーター 400円~800円
スーツ上下 1,000円~2,000円
コート 1,200円~3,000円
ダウンコート 2,000円~3,000円

宅配型クリーニングの料金特徴

宅配型クリーニングの場合は、例えば、シャツ1点ごとの料金ではなく、5点パック、10点パックなどまとまった衣類を出す際に合計された料金となることが一般的です。
宅配型クリーニングの料金は、1点あたり1000円~1200円ほどが相場です。
ワイシャツ3枚で1点とカウントしてくれる良心的な設定の宅配型クリーニングもあります。

ただし店舗に行かずにクリーニングできますし、金額が高くなるコートやスーツなども含めて、まとめてクリーニングに出す際は店舗型よりもお得になります。
ワイシャツのクリーニング場合は、少量ずつこまめに街のクリーニング屋に行ける時間がある人は店舗型がおすすめです。
コートやスーツなども含めて、何点かまとめてクリーニングする際は宅配型の方がラクなのでおすすめです。

汚れやほつれがあると別途料金がかかる場合がある

クリーニング店選び方

汚れ・ほつれがあると、お店によっては別途料金がかかる場合があります。ボタンが全部付いているか、取れている箇所がないかも確認してください。
汚れがひどいものや、ほつれがひどいものなどは、お店によってはシミ抜き加工などの追加料金がかかります。
ワイシャツ受け渡し時に、汚れやほつれ、シミのある箇所を伝えておきましょう。
汚れが取れなかったり、防げなかったりするトラブルが発生することがあるからです。

忙しい人には宅配クリーニングもおすすめ

recobe 利用の流れ

忙しい人にとっては、ワイシャツを街のクリーニング屋まで持っていき、クリーニング完了後に取りに行くといった流れが面倒です。
宅配クリーニングなら、宅配業者を使って発送や引き取りができるため、サラリーマンなど忙しい人の利用が増えています。
1点あたりの料金が高いものをまとめてクリーニングに出したいときには、街のクリーニング屋よりもリーズナブルな価格になります。

保管サービスを提供している業者も多く、オフシーズンの衣類をしまうスペースがない人にもおすすめです。

 

自宅から出る必要がない

わざわざ休みを使って、街のクリーニング屋に行く必要がありません。
自分の時間を有効活用できることがメリットです。夏や冬の気温が苦手な人でも外に出る必要がないことも利用されている理由です。

 

保管サービスがある

宅配クリーニングは、クリーニング済みの衣類や布団を長期的に保管してくれるサービスをやっているところが多いです。
一人暮らしで部屋のスペースが衣類で圧迫されずに、シーズンが来たら送ってもらうなど、保管面に魅力を感じて利用している人も多いです。

スーツやコートをまとめると店舗型に比べて安くなる
街のクリーニング屋は、対象の衣類によって、金額が設定されていて、スーツやコートだと、1000円~3000円ほどかかることが一般的です。
ですが、宅配サービスは、基本的に5点や10点などパックによって料金が決まっているので、1点ずつだと値段が高いものをまとめることで店舗型よりも安くなることもあります。

宅配クリーニング「recobe(リコーべ)」のご利用はこちらから

おすすめ宅配クリーニングはリコーベ

創業70周年の実績の誇る「recobe(リコーべ)」は、スタッフ15人ほどで運営している宅配クリーニングのお店です。
衣類5点コース、10点コース、15点コースのパック制度を導入しており、ワイシャツなら3枚で1点としてカウントするためリーズナブルです。
シミ抜き、ボタンのゆるみ直し、再仕上げなどが無料となっていて、送料も無料なのでおすすめです!

全国対応しているので、宅配クリーニングを検討する方は利用してみてください!

宅配クリーニング「recobe(リコーべ)」のご利用はこちらから

上部へ戻る