リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

カーディガンのクリーニング料金と頻度|自宅で洗濯する方法や注意点も紹介

カーディガンは、肌寒い時に便利な羽織物ですが、頻繁に着ているとどうしても汚れがついてしまいます。こういうとき、毎回クリーニングに出さなければいけないとなると、費用も労力もかかってしまいます。とはいえ、自宅で洗う際は適切に洗わなければ、縮んだり傷んだりする原因にもなります。ここでは、カーディガンのクリーニング価格の目安やおすすめの頻度、自宅でのお手入れ方法などをご紹介します。

送料無料!最大12ヶ月の保管サービス!ネットで簡単注文!

「宅配クリーニング」と聞くと、仕上がりや対応に不安を感じる人も多いかもしれません。ですが保管宅配クリーニングのリコーベでは、熟練の職人が自身のプライドにかけて、“絶対の品質”と“絶対的なサービス”を約束しています。ぜひ一度、その職人の妙技を感じてください。

無料会員登録

カーディガンのクリーニング料金

カーディガンのクリーニング料金

カーディガンのクリーニング料金の相場は、400~600円程度です。

ただし、カーディガンに限らず、クリーニングの料金は、各クリーニング店によって大きく異なります。実際のクリーニング料金が知りたいときは、クリーニング店で価格表をもらうのが確実です。

カーディガンの素材による値段の違い

カーディガンのクリーニング価格は、素材や装飾品によっても変わることがあります。

カシミヤやアンゴラ、アルパカなどの素材を使ったカーディガンの場合は、デリケート素材料金として、追加で200~500円前後の料金がかかります。カーディガンの基本料金だけをチェックしてクリーニングを依頼すると、追加料金で高くなってしまうこともあるので気をつけましょう。

また、ワッペンやスパンコール、ラメ、ファー、紐、ベルトなどがついたカーディガンは、追加料金がかかる場合があります。依頼するクリーニング店や飾りの種類によって具体的な料金は変わりますが、追加される場合は、おおよそ200~600円程度です。

カーディガンの種類による値段の違い

ロングカーディガンや、デザイン性の高いカーディガン、高級ブランドのカーディガンなどの一部は、基本の料金ではクリーニングができない場合があります。その際は追加価格がかかったり、通常のカーディガンとは異なる価格が適用されたりすることがあるので、あらかじめいくらかかるのか確認しておきましょう。

追加料金は店舗によって異なりますが、カーディガンとは別に料金表を作っているところも多く、カーディガン一着で1,000円以上する場合もあります。特にハイブランドでデザイン性が高いカーディガンは、種類による値段の違いに加えて、素材も高級素材を使っていることが多いため、通常のカーディガン料金の2~3倍程度かかるケースもあります。

クリーニングオプションの主な効果と相場

クリーニングオプション効果

クリーニングのオプションには、使用感がよくなったり長持ちさせたりできるものも用意されています。クリーニングは衣類を清潔にするために行うものですが、オプションは、衣類をトラブルなく長く着続けるために行います。大切なカーディガンをクリーニングに出すときは、利用を検討してみましょう。

オプションにはいろいろな種類があります。カーディガンに特におすすめのオプションは、下記の二つです。

・防虫加工
・花粉ガード

防虫加工

防虫加工は、カーディガンが虫害にあわないようにするための加工です。

特にウール素材のカーディガンは虫害にあいやすいため、防虫加工を施しておくと安心です。一度虫に食われてしまうと、元に戻すことはできません。あらかじめ加工をしておくことで、お気に入りのカーディガンの虫害を防ぎ、長くきれいに着ることができるでしょう。

防虫加工の基本料金はおおよそ300~500円程度です。クリーニング店によっては、一律料金ではなく、基本のクリーニング料金の○%という形で加算されることもあります。

花粉ガード加工

花粉は花粉症の人にとって、くしゃみや鼻水、頭痛、目の痒みなど、多くの不快な症状の原因になるものです。家の外に飛散しているだけでなく、服にも付着するため花粉ガード加工で対策しましょう。

カーディガンは、花粉が飛び始める2月から春先にかけて活躍する衣類です。花粉症の人や、花粉症の家族がいる人は、あらかじめ衣類に花粉ガード加工をしておくことをおすすめします。

花粉ガード加工には、花粉がつきにくくするだけでなく、落としやすくする効果もあります。花粉ガード加工をした上で、家に入る前に服を払うことで、快適な室内を保ちやすくなります。

花粉ガード加工の価格は防虫加工と同じく300~500円程度です。基本料金の○%という方式のクリーニング店もあります。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

カーディガンをクリーニングに出す頻度

カーディガンをクリーニングに出す頻度

カーディガンを清潔に保つためには、適宜クリーニングに出す必要があります。とはいえ、外に羽織るものですから、肌着のように毎日洗う必要はありません。

一般的な着回しに利用している程度であれば、秋口~春先のシーズン中に2度程度、それなりに着る機会が多い場合や汚れが気になる場合は月に1度程度をクリーニングの目安にしましょう。

なお、自宅で洗えるカーディガンの場合はシーズンの最後に1度クリーニングに出しましょう。最後にプロに洗ってもらうことで綺麗な状態をキープしやすくなります。

汚してしまったとき

カーディガンを着ているときに、しょう油が跳ねてしまったり、ワインやコーヒーなどの色がついたものをこぼしてしまったりすることもあるでしょう。また、食べ物自体が服に付着することもあります。

このようなときは、すぐに落としたものを取り去り、汚れた部分が下のシャツなどにつかないよう、ナプキンやティッシュなどで挟むようにして汚れを取ってください。その際に等に叩きこむようにすると、表面の汚れをある程度取ることができます。

ただし、おしぼりを使ってごしごし拭いたりすると、かえって汚れが広がったり輪シミができてしまうこともあるので気をつけましょう。上記方法はあくまでも応急処置なので、なるべく早くクリーニング店に持って行くことが大切です。

クリーニング店では、シミの箇所と何でできた汚れなのかを伝えましょう。原因を伝えておくことで、適切な処置をしてもらいやすくなります。

毛玉が気になるとき

カーディガンは、素材によって毛玉ができてしまうことがあります。毛玉のついたカーディガンは、どれほどデザインがよくてもみすぼらしく見えてしまいますから、定期的に毛玉を取るお手入れをしましょう。

電動の毛玉カッターやカミソリ、毛玉取りブラシなどを使うと、自宅でも毛玉を取ることができます。ただし、力を入れすぎたり、乱暴に行ったりすると、生地を傷めてしまうことがあるので気を付けましょう。はさみを使ってひとつひとつ切る方法であれば、比較的生地に負担はかけませんが、労力がかかりますし、誤って生地を切ってしまうリスクがあります。

毛玉が気になった場合の対処法として、一番安全で確実なのは、クリーニングでの毛玉取りです。カーディガンの毛玉が気になるときは、クリーニングに出すときに、「毛玉を取って欲しい」と伝えておきましょう。クリーニング店の毛玉取り料金は、無料~300円程度です。

カーディガンを洗濯する頻度

カーディガンを洗濯する頻度

カーディガンの中には、自宅で洗える素材のものもあります。クリーニングとは違い、気軽に洗えるのが自宅での洗濯の魅力です。

カーディガンの洗濯は、基本的には汚れが気になったときに行えば問題ありませんが、目安としては、5回程度着たら1回洗濯、あるいは、1か月に1度程度の洗濯がおすすめです。ただし、着る度に洗濯をするのはおすすめできません。カーディガンはデリケートな衣類ですから、あまり頻繁に洗濯をすると、生地が傷み、風合いを損ねる原因になります。

食べこぼしなどが原因で汚れてしまった場合は別ですが、そうでない場合は、何度か着てから洗濯しましょう。カーディガンは直接肌に触れる衣類ではありませんから、それほど神経質に洗わなくても大丈夫です。

カーディガンを自宅で洗濯する方法

カーディガンを自宅で洗濯する方法
カーディガンを自宅で洗濯する際は、以下の3つのステップに沿って進めるのが基本です。間違っても、そのまま洗濯機に放り込んでしまうようなことがないようにしましょう。

1. タグの洗濯表示を確認する
2. 洗面器で手洗いする
3. 洗濯機ですすぎ・脱水する

1.タグの洗濯表示を確認する

カーディガンを洗うときは、まず、タグの洗濯表示を確認しましょう。タグには、どのように洗濯ができるのかが表示されています。平成29年よりも後に作られた服であれば、水が張られた桶のようなマークが、「家庭洗濯」についての情報を示すものです。

・×がついているもの
家庭では洗えません。クリーニングに出しましょう。

・桶の中の数字
何度のお湯で洗えるかを示しています。

・下部の線
線がないものは洗濯機使用可能、一本線は洗濯機の弱い洗濯が可能、二本線は洗濯機の非常に弱い洗濯が可能です。

・手のマーク
40度までのお湯で手洗いができるマークです。

また、四角で囲まれたマークは干し方を示しています。

縦に線が引かれていれば吊り下げ、横に線が引いてあるものは平置きでの乾燥を推奨しています。斜めに入った線は、陰干しを推奨するものです。

2.洗面器で手洗いする

カーディガンは、基本的に洗濯表示に従って洗います。このとき、洗剤は通常のものではなく、デリケート衣類用のものを使いましょう。

・手洗いをする場合
洗面器に規定の温度以下のぬるま湯と洗濯洗剤を入れて、かくはんし、そこにカーディガンを沈めて押し洗いします。強い力で押したり、ごしごしこすったりする必要はありません。生地を傷めてしまうので、丁寧に扱いましょう。

・洗濯機可となっていた場合
弱い力で洗えるコースを選択して洗います。非常に弱い、という表示の場合、洗濯機に該当のコースがなければ手洗いする方が安心です。

3.洗濯機ですすぎ・脱水する

った後のカーディガンは、手で絞るのではなく、洗濯機ですすぎと脱水をします。このとき、生地を傷めないために、必ず洗濯ネットにいれるようにしてください。ただし、すすぎも脱水も、あまり長時間行うと、たとえネットに入れていたとしても生地を傷めてしまいます。短時間設定にしたり、すすぎ1回コースを選んだりなど、それぞれの洗濯機に応じて対処しましょう。

柔軟剤を使うときは、すすぎが終わった後、洗面器に水をためて柔軟剤を入れ、カーディガンを液になじませてください。その後、洗濯機に戻して脱水を行いましょう。

洗濯したカーディガンの干し方

洗濯したカーディガンの干し方

洗濯したカーディガンは、最初に確認した洗濯表示に従って干します。

・吊り下げて干すことが推奨されている場合
通常どおりハンガーにかけて干します。型崩れが気になるようであれば、太目のカーディガンを使うと形を整えやすくなります。

・平干しが推奨されている場合
平干し用のネットなどを使って、平らなところにカーディガンを置いて乾かします。カーディガンを置く場所は、ネット状になっていないと空気がとおらず、乾きにくくなるため、専用のものを使いましょう。

カーディガンが完全に乾いたら、取り込んでドライヤーを当てるか、少しだけ乾燥機にかけます。こうすることで、生地が空気を含んでふんわりと柔らかく仕上がります。

なお、洗い終えたカーディガンは、たたんで収納しましょう。ハンガーにかけておくと型崩れの原因になりますから、気をつけてください。くるくると丸めて収納するのも、しわになりにくいおすすめの収納法です。

カーディガンを自宅で洗濯するときの注意点

カーディガン自宅洗濯注意点

カーディガンを自宅で洗濯するときは、三つの注意点についても覚えておく必要があります。

・ある程度の縮みは避けられない
・洗濯できない素材がある
・手触りや風合いが悪くなる

自宅で洗えるという表記があったとしても、まったくノーリスクというわけではありません。注意点を理解した上で、クリーニングと自宅での洗濯をうまく使い分けることが大切です。

ある程度の縮みは避けられない

自宅で水洗いできるという表記があるカーディガンは、水洗いできないカーディガンに比べると、縮みにくい性質を持っています。また、デリケート衣類用の洗剤を使うことで、縮みを防ぐこともできます。

しかし、この効果はあくまでも限定的なもので、まったく縮まないというわけではありません。特にお気に入りで、型崩れを防ぎたいカーディガンについては、自宅で洗うのは避けた方がいいでしょう。また、洗濯機ですすぎや脱水を行う際、摩擦によって毛玉ができてしまうリスクもあります。

洗濯できない素材がある

カーディガンの中には、そもそも洗濯できない素材のものもあります。家庭での洗濯が不可となっているカーディガンを水洗いしてしまうと、縮んでしまったり、生地の毛羽立ちや痛みが起こったりすることがあるので、必ず表記に従ってください。

一度形が崩れてしまったり、生地が傷んでしまったりしたカーディガンを元どおりにするのは、非常に難しいことです。大切な衣類を守るためにも、「そうは言っても大丈夫だろう」と、自己判断で洗濯してしまわないようにしてください。

手触りや風合いが悪くなる

自宅で洗濯ができると表示されているカーディガンでも、自宅で洗うと、どうしても手触りや風合いが悪くなっていってしまいます。クリーニング店に出した場合のように、柔らかな質感を残したまま洗濯をすることは、基本的に自宅ではできないと思っておいた方がいいでしょう。自宅での洗濯は、ある程度傷んでも仕方ないという覚悟の元で行うものです。

特に大切なカーディガンは、自宅で洗えると書いてあったとしても、長くきれいな状態を保つためには、定期的なクリーニングの利用がおすすめです。また、普段使いのものでも、シーズンの最後には、専門店でクリーニングをしてから保管しましょう。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

カーディガンはデリケートな衣類ですから、自宅で洗う場合は洗濯表示に従って丁寧に扱う必要があります。特にデリケートな素材やお気に入りのカーディガンのほか、シーズンの最後や汚れてしまったとき、毛玉が気になるときは、クリーニングを利用することをおすすめします。

リコーベでは、カーディガンの風合いを損ねないクリーニングを行っています。カシミヤやアンゴラを使ったカーディガン、繊細な飾りがついたカーディガンも、追加料金なしで丁寧に洗い上げます。大切なカーディガンのクリーニングは、ぜひリコーベにご用命ください。

上部へ戻る