リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ゴアテックスダウンをクリーニングに出すときの注意点|料金についても紹介

ダウンジャケットはクリーニングに出すのが一般的ですが、ゴアテックスのダウンジャケットは自宅で洗濯できるとされています。しかし、高価なダウンを自宅で洗うのに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。この記事では、ゴアテックスダウンジャケットスをクリーニングに出す場合の注意点や料金などについてご紹介していきます。

送料無料!最大12ヶ月の保管サービス!ネットで簡単注文!

「宅配クリーニング」と聞くと、仕上がりや対応に不安を感じる人も多いかもしれません。ですが保管宅配クリーニングのリコーベでは、熟練の職人が自身のプライドにかけて、“絶対の品質”と“絶対的なサービス”を約束しています。ぜひ一度、その職人の妙技を感じてください。

ネット注文

ゴアテックスダウンジャケットの特徴

ゴアテックスダウンジャケットの特徴

ゴアテックスはアウターやフットウェア、グローブなどの製品も販売されていますが、素材ブランドとしても有名です。さまざまなアウトドアブランドなどをパートナにし、ゴアテックスダウンジャケットが展開されています。ゴアテックスは高い防水性がありながらも透湿性に優れているため蒸れにくく、快適に着用できるのが特徴です。さらに、高い防風性を備えた素材でもあります。

ゴアテックスダウンジャケットはクリーニングに出していいのか

ゴアテックスダウンジャケットは、洗い方や乾燥方法などの指定はありますが、家庭での洗濯が推奨されています。クリーニングに出すこともできますが、どこのクリーニング店にでも対応できるわけではありません。

ゴアテックスダウンをクリーニングに出すときの注意点

ゴアテックスダウンジャケットはクリーニング店によっては対応していないことや、取り扱っていても品質が保てないケースがあります。ゴアテックスダウンジャケットをクリーニングに出す際には、こうした注意点を踏まえたうえで依頼することが大切です。
以下、ゴアテックスダウンジャケットをクリーニングに出す際の注意点について詳しく見ていきましょう。

ゴアテックスに対応していないクリーニング店がある

ゴアテックスは特殊素材のため、クリーニング店によっては対応しておらず、断られることがあります。表面のコーティングが使用する溶剤によっては溶けてしまい、水が染み込みやすい状態になってしまうなど取り扱いが難しいため、性能低下によるトラブルを避けるためです。また、ゴアテックスのクリーニングの際には、すすぎにきれいな石油系溶剤を使用することが求められるので、そうした対応ができる店舗に依頼する必要があります。特殊素材のクリーニングに慣れた店舗でなければ、ゴアテックスへの対応は難しいと言えるでしょう。

ダウンのクリーニングも可能な業者を選ぶ

ゴアテックスダウンジャケットのクリーニングをするには、一般的なダウンジャケットのクリーニングに対応できる技術が必要です。そのため、ゴアテックスダウンジャケットをクリーニングに出したい場合には、ダウンジャケットのクリーニングに必要な知識や技術がある店舗であるかどうか、そしてゴアテックスも扱っているか確認するようにしましょう。
ダウンジャケットは、表地や裏地の素材に応じた洗い方が重要です。また、汚れをしっかりと落としつつ、ふくらみを復元するための技術が必要になります。ダウンは洗いの工程でいったんペシャンコの状態になりますが、乾燥や仕上げの工程でふっくらとした状態に戻るのは、クリーニング店の技術によるものです。格安のクリーニング店の場合、そのような技術がないためダウンがペシャンコになって戻ってきたというトラブルも見受けられます。ダウンの表地や裏地の素材、汚れの状態などを踏まえて対応できるクリーニング店を選ぶようにしましょう。

撥水加工をプラスしてクリーニングを依頼する

ゴアテックスダウンジャケットを家庭で洗濯する場合は、撥水性が低下したときには、市販の撥水剤を使用することが推奨されており、ドライクリーニングに出す場合にも撥水加工を依頼することが推奨されています。単なるドライクリーニングでは使用する溶剤によって撥水性が低下してしまうためです。クリーニング店の撥水加工では熱処理を行うためムラなく定着し、市販のスプレータイプの撥水剤よりも撥水効果があります。ただし、ゴアテックスの製品によっては特殊な加工がされているため、撥水加工が適さないケースもあることを念頭に置いておきましょう。

宅配クリーニングお得な5点コース

宅配クリーニングお得な10点コース

宅配クリーニングお得な15点コース

ゴアテックスダウンジャケットのクリーニング料金相場

ゴアテックスダウンジャケットのクリーニング料金相場

ゴアテックスダウンジャケットをクリーニングに出す場合の料金相場は、製品の仕様による違いはありますが、一般的なクリーニング店の場合、1点で4,000円~12,000円程度と高額です。そんなゴアテックスダウンジャケットですが、リコーベではリーズナブルな料金体系でゴアテックスダウンジャケットのクリーニングを承っております。
リコーベのクリーニングなら、衣類5点コースで10,000円となっており、5点すべてダウンジャケットでもOKなので、1着あたり2,000円でダウンジャケットをクリーニングに出すことが可能です。さらに新規会員ポイントを利用すると10,000円のところ7,500円になるので1着あたり1,500円でご利用いただけます。このほかにも、衣類10点コース12,000円(新規会員ポイント利用で9,500円)、衣類15点コース17000円(新規会員ポイント利用で14,500円)といったコースもあります。ゴアテックスダウンジャケットなど、クリーニング料金が高い衣類を多く出したいときには非常にお得です。

ゴアテックスダウンジャケットは自宅で洗濯できるのか

ゴアテックスダウンジャケットは、メーカーでは自宅での洗濯が推奨されています。しかし、洗い方などに指定があるため、自宅での洗濯方法や注意点などについて紹介していきます。

洗濯表示の内容を理解する

ゴアテックスダウンジャケットを洗う前に、洗濯表示のタグを確認しましょう。洗濯表示のマークは2016年12月から新しいものに変わっています。ゴアテックスの一般的な洗濯表示は、洗濯桶に40という数字が書かれていて下に一本線があるデザインです。これは、40℃までのお湯で、洗濯機の弱い回転で洗えることを示しています。

手洗いが可能な場合の洗濯方法

ゴアテックスは一般的に、40℃のぬるま湯を使用し、ファスナーなどを閉めた状態でネットに入れて少量の液体洗剤を使って洗濯機で洗うことが可能です。すすぎは2回とし、脱水時間は通常よりも短めに設定します。
手洗いする場合は、まず前処理として、おしゃれ着用の洗剤を原液のままスポンジにつけて、汚れのひどい部分を軽く叩くようにして洗っておきます。そして、襟や袖口といった汚れがつきやすい部分を外側にしてたたみ、30℃以下の水におしゃれ着用の洗剤を溶かして作った洗剤液に浸します。そして、優しく押し洗いをしますが、沈める状態と浮かせる状態を20〜30回程度繰り返すのがポイントです。
洗ったあと、洗濯機で1分間脱水し、すすぎを2回行います。洗濯機で脱水を1分間行い、厚みのあるハンガーにかけ、軽く叩いて形を整えてから陰干しにします。内部まで完全に乾くように2~3日干した後、振ることによってふんわりと仕上がります。
ゴアテックスでは吊り干し以外に乾燥機の使用も推奨されていますが、高温での乾燥はできないので注意しましょう。

自宅での洗濯の注意点

ゴアテックスダウンジャケットを自宅で洗濯する際の注意点について、以下にまとめているのでチェックしてください。

・漂白剤は使わない
ゴアテックスを洗濯する際には、素材を傷める可能性があるため塩素系漂白剤の使用やしみ抜きができません。また、漂白剤入りの洗剤も使用不可です。シミや落ちにくい汚れがあるときも、漂白剤を使わずに対処する必要があります。

・アイロン掛けは布をあてて行う
洗濯後に乾かすときにタンブラー乾燥を使用しない場合は、撥水性を回復させるため、アイロン掛けが必要です。ゴアテックスダウンジャケットが乾いたら、アイロンを低温・スチームなしに設定し、タオルや布をあててアイロンを掛けます。ゴアテックスの生地を使用している箇所以外にはアイロンを掛けないように注意しましょう。

・洗った後は撥水剤を使用する
洗濯をして乾燥機を使用し、あるいはアイロン掛けを行っても撥水性が回復できないときは、市販の撥水剤を用いて撥水加工を行う必要があります。

自宅での洗濯が推奨されているゴアテックスダウンジャケットですが、実際に自宅で洗濯するには手間がかかります。その点、ゴアテックスダウンジャケットのクリーニング実績のあるクリーニング店に出せば、手間がかからないうえ、水洗いでは落ちにくい油性の汚れにも対応できるケースがあるのでおすすめです。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベでは「検品」「ボタン直し」「シミ抜き」「洗い」「乾燥」「アイロンがけ」の各作業を、それぞれの専門家が担当しています。長年の修行に裏打ちされた“ほんまもん”の技が、“絶対の品質”を保証します。

無料会員登録

まとめ

まとめ

ゴアテックスダウンジャケットは自宅での洗濯が推奨されているとはいえ、洗濯方法は簡単ではなく、手間もかかります。また、高価な品であることを考えても、自分で洗濯して失敗するのは避けたいですから、信頼できるクリーニング店に任せた方が安心です。リコーベなら、一般的に料金が高いゴアテックスダウンジャケットなども、まとめてリーズナブルな費用でクリーニングに出すことができます。ゴアテックスダウンジャケットをクリーニングに出そうと考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

上部へ戻る