リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

ワイシャツ(カッターシャツ)のクリーニングにかかる費用とおすすめの頻度を解説!

ワイシャツ(カッターシャツ)はビジネスシーンやフォーマルな場面でよく着用される衣類です。ワイシャツを清潔に保つにはどのくらいの費用と頻度でクリーニングに出す必要があるのでしょうか。この記事では、ワイシャツのクリーニングにかかる費用相場とおすすめの頻度を解説します。

 

宅配クリーニング「リコーべ」ネットでクリーニングを簡単注文

宅配クリーニング「リコーべ」ではインターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービスです。パック料金だから全品ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングがだせます!

全品ブランド衣類・ダウンジャケット
でも追加料金なし!
今なら会員特典でさらにお得に!

詳しくはこちら

 

ワイシャツクリーニングの費用相場

ワイシャツクリーニングの費用相場

ワイシャツのクリーニングにかかる費用は、店舗型と宅配型の2種類に分けられます。それぞれの特徴と費用相場を見ていきましょう。

店舗型でワイシャツクリーニングにかかる費用

店舗型のクリーニングとは、自分で店舗に持ち込んでクリーニングを依頼する方法です。店舗型のクリーニングのメリットは、近くに店舗があればすぐに持ち込めることや、自分で受け取りに行けることです。また、店舗によっては当日仕上げや翌日仕上げなどのスピードサービスを提供しているところもあります。店舗型のクリーニングのデメリットは、自分で持ち込みと受け取りの手間がかかることや、店舗の営業時間に合わせなければならないことです。

店舗型のクリーニングにかかる費用は、店舗によって異なりますが、一般的には1枚あたり200円〜500円程度です。ただし、シミ抜きやヨゴレ落としなどの特殊な処理が必要な場合は、追加料金が発生することがあります。

宅配型でワイシャツクリーニングにかかる費用

宅配型のクリーニングとは、インターネットや電話で申し込みをして、自宅や職場にワイシャツを集荷・配達してもらう方法です。宅配型のクリーニングのメリットは、自分で持ち込みと受け取りの手間が省けることや、自宅や職場で受け取れることです。また、宅配型のクリーニングは、店舗型のクリーニングよりも安く済む場合が多いです。宅配型のクリーニングのデメリットは、集荷・配達の日時に合わせなければならないことや、仕上がりまでに時間がかかることです。

宅配型のクリーニングにかかる費用は、サービスによって異なりますが、一般的には1枚あたり100円〜300円程度です。ただし、最低枚数や送料などの条件がある場合があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また、宅配型のクリーニングは、店舗型のクリーニングと同様に、シミ抜きやヨゴレ落としなどの特殊な処理が必要な場合は、追加料金が発生することがありますが、無料サービスとして対応してれる業者もあります。

ワイシャツをクリーニングに出すメリット

ワイシャツをクリーニングに出すメリット

ワイシャツをクリーニングに出すと、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、ワイシャツをクリーニングに出すと得られる3つのメリットを紹介します。

  • 頑固なシミ・汚れ・臭いを取ることができる
  • 型崩れを防いで長持ちさせることができる
  • アイロンがけの必要がない

頑固なシミ・汚れ・臭いを取ることができる

ワイシャツは、汗や皮脂、食べ物や飲み物などのシミや汚れが付きやすい衣類です。特に、襟や袖口などの部分は、汚れが目立ちやすく、自宅で洗濯しても落ちにくいことがあります。また、ワイシャツは、汗やタバコなどの臭いが染み込みやすく、自宅で洗濯しても消えにくいことがあります。ワイシャツをクリーニングに出すと、専用の洗剤や機械を使って、頑固なシミや汚れや臭いを効果的に取ることができます。クリーニングに出したワイシャツは、清潔で爽やかな状態になります。

型崩れを防いで長持ちさせることができる

ワイシャツは、自宅で洗濯すると、縮んだり伸びたりして型崩れする可能性があります。特に、ワイシャツの素材には、綿やポリエステルなどの合成繊維が含まれている場合が多く、これらの素材は、水や熱に弱いという特徴があります。ワイシャツをクリーニングに出すと、素材に合わせた適切な温度や水量で洗濯することができます。また、クリーニングに出したワイシャツは、専用のハンガーや台にかけて乾燥させることで、型崩れを防ぐことができます。クリーニングに出したワイシャツは、形やサイズを保ったまま長持ちします。

アイロンがけの必要がない

ワイシャツは、自宅で洗濯すると、シワになりやすい衣類です。シワを取るためには、アイロンがけをする必要がありますが、これは時間や手間がかかる作業です。また、アイロンがけをする際には、温度や圧力に注意しなければなりません。温度が高すぎると、ワイシャツの色が変わったり、焦げたりする可能性があります。

 

コース料金

お急ぎの方は最短5日でお届け!
全品ダウンジャケットでもOK!

詳しくはこちら

 

ワイシャツをクリーニングに出す頻度

ワイシャツをクリーニングに出す頻度

ワイシャツをクリーニングに出す頻度は、着用する回数や汚れの程度によって異なります。ここでは、ワイシャツをクリーニングに出すおすすめの頻度を紹介します。

【ワイシャツをクリーニングに出す頻度】

  • 着用するたびに毎回出す
  • 1〜2週間置きに出す
  • 季節の変わり目に出す

着用するたびに毎回出した方がいいケース

ワイシャツを着用すると、汗や皮脂、ホコリなどが付着します。これらの汚れは、放置するとシミや黄ばみの原因になります。また、汗や皮脂は、カビやダニの発生にもつながります。そのため、ワイシャツを着用したら、できるだけ早くクリーニングに出すのが望ましいです。特に、夏場や汗をかく季節は、着用するたびに毎回出した方がいいでしょう。

1〜2週間置きに出すといいケース

ワイシャツを着用した後、すぐにクリーニングに出せない場合は、1〜2週間以内に出すようにしましょう。それ以上放置すると、汚れが落ちにくくなったり、生地が傷んだりする可能性があります。また、ワイシャツをクリーニングに出す前には、汚れやシミがないか確認しておくと良いでしょう。汚れやシミがある場合は、クリーニング店に伝えておくと、より丁寧に対応してくれます。

季節の変わり目に出せばいいケース

ワイシャツを着用しない季節には、クローゼットにしまっておくことになりますが、その前にクリーニングに出すことをおすすめします。クリーニングに出すことで、汚れや臭いを取り除き、カビやダニの発生を防ぐことができます。また、クリーニングに出したワイシャツは、専用の袋に入れて保管すると、型崩れやシワを防ぐことができます。季節の変わり目には、ワイシャツをクリーニングに出して、清潔に保ちましょう。

ワイシャツをクリーニングに出す時の注意点

ワイシャツをクリーニングに出す時の注意点

ワイシャツをクリーニングに出す時には、以下の3つの注意点を押さえておきましょう。

【ワイシャツをクリーニングに出す時の注意点】

  • ポケットの中身が空であることを確認する
  • ほつれや汚れがある箇所を確認する
  • クリーニングが可能かどうか洗濯表示タグを確認する

ポケットの中身が空であることを確認する

ワイシャツのポケットには、小銭やティッシュ、メモなどが入っていることがあります。これらのものは、クリーニングの過程でワイシャツにダメージを与えたり、他の衣類に色移りしたりする可能性があります。そのため、ワイシャツをクリーニングに出す前には、必ずポケットの中身が空であることを確認しましょう。

ほつれや汚れがある箇所を確認する

ワイシャツには、ボタンが取れたり、ほつれがあったりすることがあります。これらの箇所は、クリーニングに出すとさらに悪化する可能性があります。そのため、ワイシャツをクリーニングに出す前には、ほつれや汚れがある箇所を確認し、必要ならば修理しておきましょう。また、クリーニング店にもほつれや汚れがある箇所を伝えておくと、より丁寧に対応してくれます。

クリーニングが可能かどうか洗濯表示タグを確認する

ワイシャツの素材によっては、クリーニングができない場合があります。例えば、シルクやレーヨンなどの素材は、クリーニングに適さない場合があります。そのため、ワイシャツをクリーニングに出す前には、必ず洗濯表示タグを確認し、クリーニングが可能かどうかを確かめましょう。洗濯表示タグには、クリーニングの方法や注意事項が記載されています。クリーニングができない場合は、自宅で手洗いするか、専門のクリーニング店に相談しましょう。

リコーベ“絶対の品質”の秘密

宅配クリーニングのリコーベではシミ抜き、毛玉取り、ボタンゆるみ直し、再仕上げ、送料無料、長期保管無料、付属品無料を0円で対応しています。それぞれの専門家が担当しており、お洋服が新品のように蘇らせます!

詳しくはこちら

 

まとめ

まとめ

ワイシャツは、ビジネスシーンやフォーマルな場面でよく着用される衣類ですが、清潔に保つにはクリーニングに出すことが重要です。クリーニングに出すことで、頑固なシミや汚れや臭いを取り除き、型崩れやシワを防ぐことができます。クリーニングに出す頻度は、着用する回数や汚れの程度によって異なりますが、できるだけ早く出すのが望ましいです。また、クリーニングに出す時には、ポケットの中身やほつれや汚れの箇所、洗濯表示タグなどを確認することを忘れないでください。ワイシャツをクリーニングに出して、清潔で爽やかな印象を与えましょう。

上部へ戻る