リコーべは、老舗クリーニング店 「新神戸ランドリー」が運営する
丁寧な仕上がりが 自慢の宅配・保管クリーニングです。

tel0120-420-929

お電話受付時間 平日9:00-17:00
(日、祝日、盆正月除く)

×

リニューアルキャンペーン 衣類5点料金コース 衣類10点料金コース 衣類15点料金コース お布団料金コース
会員登録
リコーべの職人たち 新神戸ランドリー68年の物語
職人ブログ

カテゴリー

新着情報

記事一覧

セーターを自宅で洗濯する正しい手順とは?生地を傷めないための注意点も紹介

セーターは冬の必需品ですが、洗濯するときには注意が必要です。セーターの素材によっては、洗濯機で洗えないものや、手洗いが必要なものがあります。また、洗濯方法によっては、セーターが縮んだり、毛玉ができたり、色落ちしたりする可能性があります。そこで、この記事では、セーターを自宅で洗濯する正しい手順と、生地を傷めないための注意点を紹介します。

 

宅配クリーニング「リコーべ」ネットでクリーニングを簡単注文

宅配クリーニング「リコーべ」ではインターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービスです。パック料金だから全品ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングがだせます!

ダウンクリーニングバ2401

 

セーターが自宅で洗えるかは洗濯表示を確認しよう

セーターが自宅で洗えるかは洗濯表示を確認しよう

セーターが自宅で洗えるかどうかは、洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示は、セーターのタグやラベルに記載されています。洗濯表示には、洗濯方法や温度、乾燥方法などが記号で表されています。洗濯表示の記号の意味は、こちらで確認できます。

洗濯表示に洗濯機のマークがある場合は、洗濯機で洗えることを示しています。ただし、温度や回転数に制限がある場合もありますので、注意してください。洗濯表示に手のマークがある場合は、手洗いが必要なことを示しています。洗濯表示に×印がある場合は、洗濯できないことを示しています。この場合は、クリーニング店に出す必要があります。

洗濯できるセーターの洗い方の手順

洗濯できるセーターの洗い方の手順

洗濯表示に従って、洗濯機で洗えるセーターの場合は、以下の手順で洗いましょう。

  1. 1. 汚れがひどい部分はピンポイントで汚れを落とす
  2. 2. セーターを裏返してネットに入れる
  3. 3. おしゃれ着専用の洗剤や柔軟剤を使う
  4. 4. 弱流水コースでやさしく洗い上げる

1.汚れがひどい部分はピンポイントで汚れを落とす

セーターの襟や袖口など、汚れがひどい部分は、洗濯前にピンポイントで汚れを落とします。洗濯用のブラシや歯ブラシなどを使って、おしゃれ着用の洗剤をつけてやさしくこすります。こするときは、縦横に引っ張らないように注意してください。

2.セーターを裏返してネットに入れる

セーターを裏返して、毛玉や色落ちを防ぎます。また、セーター専用の洗濯ネットに入れて、洗濯機に入れます。洗濯ネットは、セーターの大きさに合わせて選びましょう。ネットが小さすぎると、セーターが型崩れする可能性があります。

3.おしゃれ着専用の洗剤や柔軟剤を使う

セーターは、おしゃれ着専用の洗剤や柔軟剤を使って洗います。おしゃれ着専用の洗剤や柔軟剤は、色や素材を傷めない成分が配合されています。通常の洗剤や漂白剤は、セーターにダメージを与える可能性がありますので、避けましょう。

4.弱流水コースでやさしく洗い上げる

洗濯機のコースは、弱流水コースやおしゃれ着コースなど、やさしく洗えるものを選びます。強い水圧や回転数は、セーターに負担をかける可能性がありますので、避けましょう。また、洗濯温度は、30度以下に設定します。高温は、セーターの縮みや色落ちの原因になります。

 

ダウンクリーニングバ2401-2

 

手洗いできるセーターの洗い方手順

手洗いできるセーターの洗い方手順

洗濯表示に従って、手洗いが必要なセーターの場合は、以下の手順で洗いましょう。

  1. 1. 洗剤液を作る
  2. 2. ニットを裏返して洗剤液に浸す
  3. 3. 洗剤の泡が出なくなるまですすぐ
  4. 4. バスタオルに包んで脱水する

1.洗剤液を作る

洗面器やバケツなどに、ぬるま湯を入れて、おしゃれ着用の洗剤を適量入れて、よくかき混ぜて洗剤液を作ります。洗剤液の温度は、30度以下にします。高温は、セーターの縮みや色落ちの原因になります。

2.ニットを裏返して洗剤液に浸す

セーターを裏返して、洗剤液に浸します。洗剤液に浸すときは、セーターを押し込むようにして、空気を抜きます。洗剤液に浸す時間は、素材によって異なりますが、一般的には10分程度です。長時間浸すと、セーターにダメージを与える可能性がありますので、注意してください。

3.洗剤の泡が出なくなるまですすぐ

洗剤液に浸した後は、やさしく押したり揉んだりして、汚れを落とします。こするときは、縦横に引っ張らないように注意してください。汚れが落ちたら、水道水で洗剤の泡が出なくなるまですすぎます。すすぎの回数は、3回程度が目安です。

4.バスタオルに包んで脱水する

すすいだ後は、バスタオルにセーターを包んで、やさしく水気を吸い取ります。バスタオルに包むときは、セーターの形を整えてから包みます。洗濯機で脱水すると、セーターが型崩れする可能性がありますので、避けましょう。

自宅でセーターを洗濯するときの注意点

自宅でセーターを洗濯するときの注意点

自宅でセーターを洗濯するときには、以下の注意点に気をつけましょう。

  • 洗う前に色落ちしないかチェック
  • セーターは干し方に注意する
  • セーターの洗濯頻度にも気をつける

洗う前に色落ちしないかチェックする

セーターの色が落ちないかどうかは、洗う前にチェックしましょう。色落ちのチェック方法は、セーターの目立たない部分に水をつけて、白い布やティッシュで押さえてみることです。色が移ったら、色落ちする可能性があります。色落ちする場合は、他の洗濯物と一緒に洗わないようにしましょう。また、色止め剤を使って色落ちを防ぐこともできます。

セーターは干し方に注意する

セーターは、洗濯後の干し方にも注意が必要です。セーターは、ハンガーにかけて干すと、重みで伸びたり、型崩れしたりする可能性があります。セーターの干し方のコツは、平らな場所に敷いたバスタオルの上に、セーターを広げて干すことです。セーターを広げるときは、元の形に整えてから広げましょう。また、直射日光は、セーターの色あせや退色の原因になりますので、日陰に干しましょう。

セーターの洗濯頻度にも気をつける

セーターは、洗濯頻度にも気をつけましょう。セーターは、洗濯するたびに繊維が傷む可能性があります。そのため、セーターの洗濯頻度は、汚れ具合にもよりますが、一般的には、着用回数の半分程度にしましょう。例えば、10回着たら、5回洗うという感じです。セーターを洗わないときは、風通しの良い場所に吊るして、汗やニオイを飛ばしましょう。

 

コース料金

お急ぎの方は最短5日でお届け!
全品ダウンジャケットでもOK!

詳しくはこちら

 

まとめ

まとめ

セーターを自宅で洗濯する正しい手順と、生地を傷めないための注意点を紹介しました。セーターは、洗濯表示を確認して、洗濯機で洗えるものと手洗いが必要なものを区別しましょう。また、洗濯方法や干し方にも注意して、セーターの縮みや毛玉、色落ちなどを防ぎましょう。セーターの洗濯頻度も適度に調整して、セーターの寿命を延ばしましょう。セーターを自宅で洗濯するときには、この記事を参考にしてみてください。

上部へ戻る